ニュース

契約延長のダヴィデ・ザッパコスタがローマへローン移籍

ダヴィデ・ザッパコスタが1年の契約延長に合意し、1月末までのローマへのローン移籍が決定した。

チェルシーで出場した52試合のうち半分はプレミアリーグでのプレー。スタンフォードブリッジデビューとなったチャンピオンズリーグのカラバフ戦ではいきなり得点。2017年のストーク戦でもファインゴールを記録している。

27歳のザッパコスタはチェルシーでFA杯、ヨーロッパリーグ優勝を経験。2018年5月のウェンブリーでこそベンチで終わったものの、ヨーロッパリーグでは10試合でプレー、バクーでの決勝では終盤に途中出場している。準決勝アイントラハト・フランクフルト戦ではチェルシー通算50試合出場を記録した。

トリノから2017年夏の移籍市場最終日に加入したザッパコスタは、イタリア代表としても13キャップを記録。チームメイトのジョルジーニョやエメルソン・パルミエリと共にプレーし、チェルシー加入後は6キャップを数える。

ローマは昨シーズン6位でフィニッシュ。チャンピオンズリーグではベスト16に進出。今季はポウロ・フォンセカ新監督のもとヨーロッパリーグに出場する。

ザッパコスタとは2022年までの契約。ローマでも頑張れ!


ダヴィデ・ザッパコスタが自ら語った幼少期、プロへの道のりはこちらから

チェルシーからその他