マッチプレビュー

ノリッチ vs チェルシー - スタッツ

今シーズンリーグ戦第3節はキャロウ・ロードでのノリッチ戦。鍵となる出来事、数字を見ていこう...

ノリッチ vs チェルシー、直接対決記録

チェルシーはノリッチに対し、公式戦で15戦無敗。10勝5敗となっている。

プレミアリーグでは1994年、キャロウ・ロードで負けて以降はノリッチに対し、8勝2分。その1994年にはジェイミー・キュアトン、アシュリー・ワードのゴールが決まり、3-0でノリッチがグレン・ホドル率いるチェルシーを敗った。

またキャロウ・ロードではリーグ戦、カップ戦を含めここ7戦で負けなし。

フランク・ランパードはチェルシーでの選手時代、ノリッチと対戦し、十戦十勝。公式戦通算で8勝3分だが4ゴールを奪っている。

また昇格チーム相手にチェルシーは22試合を戦いわずかに2敗(15勝5分)。また負けた2試合はいずれも前年チャンピオンシップのチャンピオンで2017/18シーズンにニューカッスルに0-3で、昨シーズンにはウルヴズに1-2で敗戦。

最大得点差勝利:
ノリッチ 4-1 チェルシー 1962/63
チェルシー 4-0 ノリッチ 2004/05
チェルシーはキャロウ・ロードにおいて3-1で勝利したのは1990/91、2004/05、2013/14シーズンとなっている。

チェルシーの最近のアウェイでの記録

ブルーズはアウェイここ5試合目での初勝利を狙う。ここまでは2勝2敗となっている。直近プレミアリーグ10試合で6敗。また敗北した試合では合計7失点を喫している。
 

メイソン・マウントのスタッツ

メイソン・マウントは1997年にポウル・ヒューズがダービー相手に決めた以来となるイングランド出身選手でチェルシーのファーストチームにおいてホーム初戦でデビューゴールを決めた選手となった。

フランク・ランパード監督の下で最もゴールに絡んでいるのはハリー・ウィルソンで(計24ゴール)。チェルシーのメイソン・マウントは(計17ゴール - 12 ゴール、5アシスト)。

リーグ戦ここまで:
アウェイ勝ちから:4
アウェイ引き分けから:1
アウェイ負けから:0


チェルシーマイルストーン 

出場すればウィリアンがチェルシー通算リーグ戦200試合出場を達成する。また200試合以上出場を達成した選手はこれまで7人。ペトル・チェフ(333)、ブラニスラヴ・イヴァノビッチ (261)、ディディエ・ドログバ (254)、ミケル・ジョン・オビ (249)、エデン・アザール (245)、セサル・アスピリクエタ (237)、ジャンフランコ・ゾラ (229).

クル・ズマは次戦に出場すると、チェルシー通算リーグ戦50試合出場を達成する。

ノリッチスタッツ

昨シーズン
チャンピオンシップ優勝
FA杯3回戦敗退
リーグ杯4回戦敗退
公式戦得点王: テーム・プッキ 30

昨シーズンチャンピオンシップスタッツ
スタメン出場:クルール 46、プッキ 43、ルイス 42
ゴール数:プッキ 29、ヴランチッチ 10、シュティーペルマン 9
アシスト数: エミ 11、プッキ 10、エルナンデス 9
最多クリーンシート:クルール 13

2018/19シーズン、開幕5戦で3敗を喫したノリッチは直近の43試合のリーグ戦ではわずかに4敗。勝利したのは27試合だ。

ノリッチは3-4で敗戦した12月のダービー・カウンティ戦以降ホームにおける11試合で8勝3分。

2012年12月以来となるホームでのプレミアリーグ3連勝を狙う。

ノリッチ・シティはビッグ6相手に過去15試合でわずかに1勝。最大で45という勝ち点を得られた中、得た勝ち点は7(1勝4分10敗)。

テーム・プッキは1993年以来ノリッチでプレミアリーグにおいてハットトリックを決めた選手となった。また最初の2試合で4ゴールを奪っている。

ダニエル・ファルケは1992年以来となるホームの開幕戦で勝利を掴み取った監督となった。 
 

ノリッチプレシーズン

ドイツ、イングランドで6試合を行ったノリッチ。最初は引き分けに終わったが、続いてシャルケを下し、ブレントフォードに敗れ、ルートンに5-1で勝利した。最後の2試合はホームで行われ、アタランタと対戦し、1-4の敗北。またトゥールーズには1-0で勝利した。

リーグ戦ここまで
ホーム勝ちから: 0
ホーム引き分けから:2
ホーム負けから: 11

その他

出場停止選手なし

プレミアリーグ警告者
チェルシー: ジョルジーニョ 2、エイブラハム 1、カンテ 1、ズマ 1
ノリッチ:アーロン1、ブエンディア 1、ライトナー 1

 

レフェリー

昨シーズン、マーティン・アトキンソンはプレミアリーグでチェルシーの試合を4試合担当。トッテナム、ワトフォード、ユナイテッドとのアウェイでの試合、アーセナルとのホームでの試合を担当した。

チェルシーからその他