マッチプレビュー

マッチプレビュー:ノリッチ v チェルシー - トーキングポイント

今週末は敵地でノリッチと対戦。クラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンが試合をプレビューした…

トーキングポイント

土曜日の相手はノリッチ。ノリッチ相手のアウェイゲームではここ7戦無敗だ。

ブルーズはノリッチ相手にここ15戦10勝5分。プレミアリーグにおいては1994年12月に敗れて以降8勝2分という成績だ。

フランク・ランパードはチェルシーでの現役時代にノリッチ戦では4ゴールを決め、8勝3分という成績を残している。

2018年12月29日、フランク・ランパードはダービーの指揮官としてノリッチを敵地で4-3と下している。

photo of キースタッツ キースタッツ

アウェイでのチェルシー

リーグ戦初勝利を狙うランパード。ブルーズはアウェイゲームここ4戦で2分2敗と勝ち星がなく、最近10試合で6敗を喫している。そのうち7試合は無得点に終わった。

ヨーロッパリーグ王者のチェルシーにとってはタフなスタートとなったシーズン。マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、そしてスタンフォードブリッジ2連勝を狙うレスターと対戦した後に迎えるのは先週末に勝利を手にしたノリッチだ。

ノリッチ VS チェルシー - スタッツ

土曜日の試合ではスーパー杯の疲労が見られた。レスターは12本のシュートを放ったが、そのうち11本は後半に記録されたものだ。

ホームで引き分けに終わったものの、フランク・ランパードへは大きな期待が寄せられている。

 

昇格組相手のチェルシー

今週末のノリッチ戦を終えると、来週末にはシェフィールド・ユナイテッドとの対戦が控えている。

チェルシーは昇格組相手のリーグ戦ではここ22試合で2敗のみ。15勝5分という成績を残している。一方で、2敗はいずれも前年のチャンピオンシップ王者相手だ:0-3 v ニューカッスル(2017/18)、1-2  v ウルヴズ(2018/19)

2018年1月にはFA杯3回戦でキャロウ・ロードを訪れたチェルシー。ウィリアンとペドロがゴールに迫ったものの、この試合は0-0に終わっている。再試合では10人のブルーズがPK戦を制し、最後はマンチェスター・ユナイテッドを決勝で破りFA杯の頂点に輝いた。

その試合と3-1で勝利した先週末のニューカッスル戦の2試合で先発出場したのはグラント・ハンレイ、ジャマル・ルイス、トム・トライブルの3人のみ。ジェイムズ・マディソンはレスターへ移籍し、先週末はスタンフォードブリッジで脅威を見せた。

 

12時30分キックオフの試合では

週末最初の試合では好調のチェルシー。

ランチタイムキックオフは2018年12月のセルハースト・パーク以来。この試合は1-0でチェルシーがクリスタルパレスを下している。さらにその月の上旬にはフルハムに2-0で勝利し、10月にはスタンフォードブリッジでマンチェスター・ユナイテッドと2-2のドローに終わった。

 

ダニエル・ファルケ政権のノリッチ

リヴァプールとの開幕戦では攻撃的なプレーを見せたものの、決定機に欠き敗れたノリッチ。この試合ではジャマル・ルイスが負傷している。

ニューカッスル戦ではノリッチが4-2-3-1のシステムでボールを支配。テーム・プッキが自身プレミアリーグ初のハットトリックを記録し、チームを勝利へ導いている。

ノリッチ v チェルシー:試合情報

キックオフ:日本時間午後8時30分
Kick-off: 主審:マーティン・アトキンソン
VAR:アンドレ・マリナー
出場停止:ノリッチ - なし;チェルシー - なし
負傷離脱:ノリッチ - アマドゥ、ドゥルミッチ、エルナンデス、イダ、クローゼ、ルイス、ツィマーマン;チェルシー - ハドソン=オドイ、ジェイムズ、ロフタス=チーク

チェルシーからその他