分析

データデイ:コヴァチッチがトップドリブラーに

敵地キャロウ・ロードでノリッチを下したチェルシー。エメルソン・パルミエリはこの試合でも躍動している…

チェルシーは23本のシュートを放ち、そのうち8本が枠内に。10本はブロックされている。ロス・バークリーとメイソン・マウントが5本ずつ、そしてタミー・エイブラハムが3本のシュートを放った。

ノリッチのシュートは6本。5本が枠を捉え、1本はクロスバーに阻まれている。

チェルシーのボール支配率は53.4%。クル・ズマ(6.9%)、エメルソン(6.3%)が最も長い時間ボールに触れていた。タッチ数ではエメルソン(100)、セサル・アスピリクエタ(87)、ズマ(83)という数字だ。

チェルシーのパス成功率は84%。アンドレアス・クリステンセン(93%)、ジョルジーニョ(89%)が最も高い成功率を記録した。

ズマはパス成功数が64本と最多。クリステンセン、ジョルジーニョが55本で続いている。

キーパス数ではバークリーが5本で最多。エメルソンが4本、クリスティアン・プリシッチが3本で続いている。

マテオ・コヴァチッチは6回中6回のドリブルを成功。これは最多の数字だ。エメルソンとバークリーが5回ずつで続いた。

チェルシーは空中戦に29回中17回勝利。アスピリクエタは最多の5回中4回勝利している。最終ラインのエメルソン、ズマ、クリステンセンはいずれも3回の勝利だ。

タックル数でも31回中26回に勝利と、チェルシーが優位に。タックル成功率は84%とノリッチの43%(37回中16回勝利)を上回った。

タックル数で最多はエメルソンの7回。ジョルジーニョとクリステンセンが4回で続いている。

ノリッチのクリアは29回。チェルシーは9回だ。両チームともに11回のインターセプトを記録している。ズマとジョルジーニョが3回ずつと最多だ。

チェルシーからその他