マッチプレビュー

チェルシー v シェフィールド・ユナイテッド - スタッツ

今週末の相手も昇格組、シェフィールド・ユナイテッドとの対戦を数字からプレビューしていこう…


対戦成績

スタンフォードブリッジでプレミアリーグを争うのはこれが4度目で、2006/07シーズン以降では初めて。

1992年10月の対戦ではデイヴ・バセットが監督で、シェフィールドが勝利。2-1で、アドリアン・リトルジョンとブライアン・ディーンがゴールを決めている。

およそ97年前になる1922年10月以降、シェフィールド・ユナイテッドはスタンフォードブリッジでクリーンシート無し。リーグ戦およびカップ戦、30試合で失点が続いている。

リーグ戦最多得点差勝利
チェルシー 6-1 シェフィールド・ユナイテッド 1961/62
シェフィールド・ユナイテッド 4-0 チェルシー 1930/31
スタンフォードブリッジに限ると、シェフィールド・ユナイテッドの最多得点差勝利は4-1。1946/47シーズンのこと。

2007年の試合ではサロモン・カルーがリードを広げた


チェルシーのホーム記録

昇格組相手のプレミアリーグでは、過去54試合でわずか1敗で、44勝。最後に負けたのは2015年12月のボーンマス戦。

ホームでのリーグ戦は過去23試合でわずか1敗(13勝9分)。最後に負けたのは2018年12月のレスター戦。
 

タミー・エイブラハムのスタッツ

タミー・エイブラハムの昨シーズンからのゴール数は、2部まで含めてイングランド人最多。

ノリッチ戦の2ゴールで、合計28ゴール。

前節のノリッチ戦、チェルシーは1992年8月22日以来となる21歳以下のイングランド人選手2名(タミー・エイブラハムとメイソン・マウント)がゴール。当時はシェフィールド・ウェンズデイ相手にエディ・ニュートンとグラハム・ステュアートが決めている。

今シーズンのプレミアリーグ開幕3試合でチェルシー(7)より失点が多いのはノリッチ(8)だけ。

フランク・ランパードはチェルシーでの現役時代、シェフィールド相手に2戦全勝、1ゴールを記録。
 

リーグ戦これまで
ホーム勝から:1
ホーム分から:0
ホーム敗から10
 

マイルストーン

ノリッチ戦でウィリアンがプレマイリーグ200試合出場達成。チェルシーの海外選手ではペトル・チェフ(333)、ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ(261)、ディディエ・ドログバ(254)、ジョン・ミケル・オビ(249)、エデン・アザール(245)、セサル・アスピリクエタ(238)、ジャンフランコ・ゾラ(229)に続いて8人目。

同じくノリッチ戦で、クル・ズマがブルーズでのプレミアリーグ50試合出場達成。

キャロウ・ロードでクル・ズマが50試合出場達成


数字で見るシェフィールド・ユナイテッド

昨シーズン
チャンピオンシップ - 2位
FA杯 - 3回戦
リーグ杯 - 1回戦
得点王 - ビリー・シャープ 24ゴール

シェフィールド・ユナイテッドは、2011/12シーズンのウルヴズ以来、プレミアリーグ開幕3試合のスタメンを全てイギリス人・アイルランド人で揃えた。

プレミアリーグのアウェイゲーム、過去11試合勝ち無し。2分9敗。

ロンドンでの1部試合では、過去22試合でわずか2勝。そのいずれもスタンフォードブリッジでのチェルシー戦で、1992年の3月と10月だ。

1993/94シーズン最終戦でチェルシーに2-3で敗れて以来、プレミアリーグのアウェイゲーム20試合で複数得点が無い。その間決めたゴールは9ゴール。

シェフィールド・ユナイテッドにおけるプレミアリーグの最年長選手はフィル・ジャギエルカ(37歳と1日)で、クリスタルパレス戦の89分に出場。それ以前だと1994年3月のクリス・カマラ(36歳と78日)になる。

クリス・ワイルダーは監督キャリアでチェルシーと初対戦。

クリスタルパレス戦でプレミアリーグ初勝利をあげたクリス・ワイルダー

リーグ戦これまで

アウェイ勝から:2
アウェイ分から:0
アウェイ敗から:10

レスター戦でゴールを決めたオリ・マクバーニー

警告

出場停止なし

プレミアリーグの規定では、19節までに5枚のイエローカード累積で1試合の出場停止処分が科される。ジョルジーニョは現在3試合で1枚。

 

主審

ステュアート・アットウェルは昨シーズン、チェルシーのリーグ戦を1試合担当。12月のブライトン戦で、チェルシーがアウェイで2-1と勝利を収めている。

チェルシーからその他