分析

チャンピオンズリーグ抽選会:チェルシーと対戦するチームは?

チェルシーは今季チャンピオンズリーグを戦うが、今日にはモナコでその抽選会が行われる。

日本時間午前1時から行われる予定の抽選会はBT SportやUEFAのウェブサイトで見ることができる。この抽選会ではチェルシーやその他31チームのグループステージの組み合わせが決定する。

チームはそれぞれ4つのポットに分けられ、それぞれのポットから8つのグループへと分類されていく。それでも同じ国同士は同じグループに入ることはない。つまりチェルシーはポット2のトッテナムとはグループステージで対戦しないこととなる。

ブルーズはヨーロッパリーグを制覇したため、ポット1に入っている。またポット1にはチャンピオンズリーグの王者リヴァプール、2018年UEFAの国際ランキング上位6カ国イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス、ロシアの優勝チームが入っている。そのためチェルシーはその優勝チームと同じグループに入ることはない。

ポット2から4まではクラブ係数によって分類されるため、トリッキーな組み合わせが生まれる可能性がある。ポット2にはレアル・マドリッド、アトレティコ・マドリッドが含まれている。 

2018/19シーズンを2位で終えた、ボルシア・ドルトムント、ナポリ、優勝を果たしたベンフィカ、シャフタール・ドネツクがポット2に入っている。

インテル・ミラノはポット3では注目チームだ。元ブルーズのロメロ・ルカク、アントニオ・コンテを擁している。またプレシーズンマッチで対戦したRBザルツブルグもポット3に。

ポット4ではガラタサライがいるが、ガラタサライのホームであるイスタンブールではチェルシーがスーパー杯を戦った。また今大会の決勝が2020年の5月30日にイスタンブールで開催される。

この大会ではチェルシーと初対戦となるチームが10チームあり、それはボルシア・ドルトムント、ディナモ・ザグレブ、アヤックス、リヨン、ライプツィヒ、ロコモティフ・モスクワ、レッドスター、アタランタ、リールとなっている。

またこの抽選はU19のUEFAユースリーグの抽選も兼ねており、チャンピオンズリーグのグループステージと同じ形になっている。今大会チェルシーはこれまでの2大会よりもいい成績を残したいところ。この頃の2大会は準優勝となっている。

対戦したい相手、対戦を避けたい相手をしたから選んでみよう...

チェルシーからその他