ニュース

フランク・ランパードがシェフィールド・ユナイテッド、チャンピオンズリーグの組み合わせ、イングランド代表メンバーについてコメント

よく知るチーム、そして監督との対戦を控えたフランク・ランパードが、メイソン・マウントの代表招集、チャンピオンズリーグ組み合わせの結果についてもコメントした。

シェフィールド・ユナイテッド戦を控えた試合前記者会見に出席したランパード。

ペドロとエンゴロ・カンテの離脱を明言した一方で、アントニオ・リュディガーは育成チームの試合に出場するとも報告。

今後これ以上の放出については可能性を残しつつも、まずは昨日発表されたイングランド代表招集メンバーについてコメントした。

「メイソンは良かったね」と話すランパード。「嬉しい評価だよ。ダービー時代も声はかかったけど、怪我で離脱しちゃったからね。こうしてチャンスが巡ってきて嬉しい」

「タミーはまた競争が激しい。先週はゴールも決められたけど、あとは時間の問題だろう。ギャレスの選択だが、競争が激しいのは事実だ」

「メイソン、それにロスと嬉しい招集だね」

チャンピオンズリーグの組み合わせについて

「厳しい組だね。イングランドはどこもいい組に入るなんて予想もあったけど、チャンピオンズリーグはどこも厳しい戦いだよ」

「昨年の準決勝チーム(アヤックス)もいるし、ヴァレンシアも強豪だ。リールだってそうだよ。簡単には突破できない。ベストを尽くさないとね」

前回ヴァレンシアでの試合、2011年9月の一戦ではランパードがゴールしている

「いい思い出だよね。でもやりにくいスタジアムだ。攻撃的な雰囲気じゃないけど、ホームへの後押しがすごい。しっかり準備をしないと痛い目を見る。大変なのはよく分かっているよ」

昨シーズンはチャンピオンシップで一緒だったシェフィールド・ユナイテッドについて

「いいスタートを切ったね。昨シーズンからいいチームだった」

「クリス(・ワイルダー)の仕事ぶりは決して過小評価できない。実際素晴らしい仕事ぶりだしね。スタイルやアイデアがクラブとしっかりマッチしている。昨シーズンも厳しい戦いを強いられたよ」

「対戦が楽しみだね。このリーグは難しいチームばかりだよ」

シェフィールドはセンターバックまでオーバーラップする3-5-2を採用

「すごいシステムだよ。先頭を走る発明は素晴らしいことだ。チャンピオンシップでは多くのチームがまんまとやられたね」

「これまでに2回、戦術的な勝負挑んでいる。すごいチームだし、脅威だよ。しっかり研究して臨まないと危険だ」

「それにここまでの試合を見る限り、戦術的な部分以外にも目をみはる部分はあるね。フィジカル面でも、気持ちの面でも強くなっている。チーム全体が成長している感じだ」

ノリッチ戦の勝利でチームが上向きとコメント

「試合を見返したけど、多くの部分が改善されていた。選手たちも感じている。いい傾向だよ。まずは結果を手にできた。だがまだまだこれからだ。このままじゃダメだよ。この調子で上げていかないとね」

初ゴールを決めたタミー・エイブラハムについて

「好印象だね。Twitterでの批判にも崩れなかった。しっかり自分の答えを示してくれたよ」

「ああいうキャラクターなんだ。笑顔でハードワークしてくれる。ああいう後でこれだけのパフォーマンスをして、ポジション争いに残ってくれるんだから文句なしだよ」

「常に成長は求められる。2ゴール決めたからって終わりじゃない。これがスタートだ。まだまだ競争は激しいし、若手に甘くするわけじゃない。タミーがプレーするのは、それにふさわしいから。だが結果は残し続けないとね」

チェルシーからその他