ニュース

チーム: チェルシー vs シェフィールド・ユナイテッド

勝利を挙げた先週のノリッチ戦からの変更は1枚のみ。

フィカヨ・トモリがアンドレアス・クリステンセンに代わりチェルシーで2試合目の出場。前回の出場は2016年の5月、レスターとのホームでの試合で途中出場を果たした。昨シーズンはダービーで2度シェフィールドと対戦している。

フランク・ランパードはこの変更について、トレーニングでの競争の結果とコメント。彼はチャンスを掴むに値したと話した。

ペドロはハムストリングの怪我のためベンチ外に。引き続き、マウントがサイドに入り、ロス・バークリーが中央に。ノリッチで得点を奪ったエイブラハムがFWに入った。

18歳のビリー・ギルモアもベンチに座る。

シェフィールドも前回のプレミアリーグからは変更が1枚のみ。マクバーニーがマクゴールドリックに代わって入った。
 

チェルシー: ケパ;アスピリクエタ (c)、トモリ、ズマ、エメルソン;ジョルジーニョ、コヴァチッチ ;プリシッチ、バークリー、マウント;エイブラハム 

チェルシーサブ:カバジェロ、クリステンセン、アロンソ、ギルモア、ウィリアン、バチュアイ、ジルー

シェフィールド・ユナイテッド:ヘンダーソン;バシャム、イーガン、オコンネル、バルドック、ランドストラム、ノルウッド(c)、フリーマン、スティーヴンス;マクバーニー 、ロビンソン

シェフィールドユナイテッドサブ:ムーア、ムセ、ステアマン、オズボーン、ベシッチ、マクゴールドリック、シャープ

レフェリーはスチュアート・アトウェル

スタッツ

シェフィールドは1922年以来のクリーンシートを狙う。

ブルーズとシェフィールドは2006/07シーズン以降スタンフォードブリッジで4度目の顔合わせ。

チェルシーは昇格組とのホームでの54試合で44勝。唯一の敗北は2015年の12月、ボーンマス戦だ。

またチェルシーはホームでの直近23試合でわずかに1敗。2018年の12月に行われたレスター戦だ。

タミー・エイブラハムは2つのリーグでイングランド人としては最多のゴールを記録。昨シーズンとノリッチ戦も含め28ゴールとなっている。

シェフールドは過去アウェイでの11試合で勝ち星なし。2分9敗となっている。

ロンドンで行われた試合ではシェフィールドは22試合でわずかに2勝。

 

 

チェルシーからその他