ニュース

ルーカス・ピアゾンがリオ・アヴェにローン移籍

ルーカス・ピアゾンがチェルシーと1年の契約延長に合意、シーズン終了までの契約でポルトガルのリオ・アヴェにローン加入する。

25歳のピアゾンは昨シーズン、キエーヴォで4試合に出場。シーズン序盤はチェルシーの一員として、カラバオ杯準決勝第2戦のトッテナム戦でもベンチ入りをしていた。

ピアゾンは2011年8月にチェルシーに加入し、ユースおよびリザーブチームで活躍。FAユース杯優勝も経験し、チェルシーの年間最優秀若手選手賞にも輝いた。

2012/13シーズンはトップチームに昇格し、3試合に出場。リーグ杯ではウルヴズ戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、プレミアリーグではアストンヴィラ戦でプレーしている。

そこからはマラガ、フィテッセ、フランクフルト、レディングにフルハムとローン修行が続く。フルハムでは2016/17シーズンの昇格プレーオフ準決勝進出に貢献し、続くシーズンにはアストンヴィラを下して昇格を決めている。

またブラジル代表としてはユース年代で活躍。

リオ・アヴェは現在、元シェフィールド・ウェンズデイとスウォンジーを率いていたカルロス・カルヴァハルが指揮。リーグ開幕3試合で2勝と上々の船出を切っている。

チェルシーからその他