ブログ

2試合連続の複数得点

2-2のドローに終わったシェフィールド・ユナイテッド戦で2ゴールを決めたタミー・エイブラハム。チェルシーの選手がプレミアリーグで2試合連続複数得点を記録するのは5年ぶりのことだ。

チェルシーアカデミー出身のエイブラハムは昨シーズン開幕からこれで30ゴール。3-2と勝利したノリッチ戦に引き続き、シェフィールド・ユナイテッド戦でも2ゴールを記録した。

最後にチェルシーの選手が2試合連続複数得点を記録したのは2014/15シーズンのことだ。

その夏にアトレティコ・マドリッドから加入したディエゴ・コスタはプレミアリーグ開幕4試合で7ゴールと驚異的なスタートを切った。

ブラジル生まれのスペイン代表、ディエゴ・コスタはデビューマッチとなったバーンリー戦、レスター戦で続けて1ゴールずつを記録。グディソン・パークで行われたエヴァートン戦では2度ネットを揺らし、6-3での勝利に貢献している。

代表ウィーク明けのスウォンジー戦ではディエゴ・コスタがハットトリックを達成し、4-2と勝利。チームはこのシーズン、プレミアリーグ制覇を果たしている。

プレミアリーグの頂点に輝いた2009/10シーズンには2人の選手が2試合連続複数得点を記録。

1月にはフランク・ランパードがサンダランド戦で2ゴールの活躍を見せ、7-2での勝利に貢献。続くバーミンガム戦でも2度ネットを揺らし、チームは3-0と快勝した。

3月にはフロラン・マルダがポーツマス戦で2点を決め5-0と勝利。さらに3日後のアストンヴィラ戦でも2得点の活躍で7-1の勝利に貢献した。

2008/09シーズンにはニコラ・アネルカが3試合連続で複数得点をマーク。アネルカはこのシーズンのリーグ得点王に輝いている。

アネルカはサンダランド相手のハットトリックでチームを5-0での勝利に導くと、2-0と勝利したブラックバーン戦、そして3-0で勝利したウェストブロム戦でも2ゴールを決めてみせた。

最後はジミー・フロイド・ハッセルバインク。チェルシー時代に2試合連続複数得点を3度にわたって記録した男だ。

2000/01シーズンにはコヴェントリーを相手に4ゴールと躍動し、チームを6-1での勝利に導く。続くトッテナム戦では2ゴールで3-0での勝利に貢献。2001年5月には2-1で勝利したエヴァートン戦、2-2のドローに終わったリヴァプール戦で連続2ゴールを達成した。

翌シーズンには3-2で勝利したトッテナム戦、2-2のドローに終わったミドルズブラ戦で2ゴールずつを決めている。

チェルシーからその他