インターナショナル

自身の家族と代表招集についてコメントしたマウント

イングランド代表に招集されたメイソン・マウントがデビュー戦への意気込み、そして自身と家族についてコメントした。

チェルシーで19番を背負うマウントはイングランド代表として、ユーロ2020本戦出場をかけ、土曜日にブルガリア代表そして火曜日にはコソボ代表と対戦する。

「自国を背負ってウェブリー・スタジアムで対戦できるということは言葉に表せないほど素晴らしいことなんだ」とイングランドのセント・ジョージ・パークでの記者会見でコメントしたマウント。

「そのことで頭がいっぱいだよ。自身にとって重要な経験になると思っている」

「代表に選ばれことは自分だけでなく、自分の家族と今まで共に仕事をしてきたコーチ陣にとっても大きな出来事だ」

「特に家族とは多くの時間を過ごしてきた。彼らは自分のゲームを見にきてくれるんだ。もしフル代表の試合でデビューを飾ることができたらとても誇らしいことだね」

今シーズンのプレミアリーグでは好調なスタートを切ることに成功したマウントはランパード率いるチェルシーで自身の価値を証明し、ノリッチとレスターからゴールを奪ってみせた。

昨シーズン、マウントは代表監督を務めるガレス・サウスゲートにネーションズリーグのクロアチア戦とスペイン戦に招集されたものの、代表でのデビュー戦はお預けとなった。昨シーズンはランパードの元でプレーし、今シーズンはスタンフォードブリッジへと帰還したマウントは代表招集の発表に伴いランパードからアドバイスを受けたようだ。そのランパードはイングランド代表として106試合に出場。

「去年、自分が初めて代表に呼ばれた時、ランパードは自分をオフィスの席座らせ‘‘自分も代表に招集された。代表に招集されるということは自分自身にとって本当に素晴らしいものだったよ’と自分に話してくれたんだ」

「そしてその時、彼は‘また君は代表に招集されたんだよ。チェルシーでやってるように代表でもハードワークをするんだ’と自分に言ったんだよ」

「昨シーズン、イングランド代表ではあらゆるところから刺激をもらえた。また代表に呼んでもらったことによってさらにハングリー精神が芽生えたね」

今シーズンのチェルシーでのスタートそしてランパード監督の元での手ごたえを問われたマウント。

「とても良いよ」とマウントはコメント。「ランパードとはダービーで共に仕事をしている。今シーズン、彼と共にチェルシーで戦うことができてとても嬉しいよ」

「彼は自分たちにチャンスを与えてくれた。でも自分たちはチームにおいて自身のポジションを確保するためにハードワークしなければならない。特に若手選手はね。ハードワークをしてこのチームに留まるかは自分たち次第なんだ」

「自分たちはここまでハードワークをしてきた。スタートは上手くいったと思っている。自分たちは代表ウィーク後、ハードワークすることを楽しみにしているんだ」

チェルシーからその他