マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v サウサンプトン - ナンバーズ

2019年のファーストゲームはサウサンプトン戦。クラブの専門家ポウル・ダットンがこの試合をプレビューしてくれた…


数字で見るチェルシー

2018年、ブルーズは2017年より2試合を多く戦った。

最も多くのゲームに出場したのは4,707分間プレーしたセサル・アスピリクエタ。最多ゴールはエデン・アザールの21得点だ。

レスターに敗れた試合は2018年4月、1-3で敗れたトッテナム戦以来13試合ぶりとなるスタンフォードブリッジでの敗戦であった。

チェルシーは2011年11月、アンドレ・ヴィラス=ボアス監督時代にアーセナルとリヴァプールに敗れて以降、プレミアリーグで一度もホーム連敗がない。

今シーズン、チェルシーは試合の終盤15分間で13ゴール。これはプレミアリーグで最多となる数字だ。

ブルーズは今シーズン、プレミアリーグで15回ポスト直撃のシュートを放っている。これも2位に3回以上の差をつけ最多だ。

今シーズン、ケパ・アリサバラガ、セサル・アスピリクエタ、アントニオ・リュディガー、マルコス・アロンソ、エンゴロ・カンテの5人はリーグ戦全試合で先発出場している。

今シーズンのプレミアリーグではカンテがチーム最多となる30回のインターセプトを記録している。


プレミアリーグ得点者
アザール 10(3PK)、ペドロ 6、モラタ 5、バークリー 3、カンテ 3、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 2、アロンソ 1、ダヴィド・ルイス 1、ジルー 1、ジョルジーニョ 1(PK)、リュディガー 1、オウンゴール 1


リーグ戦試合数
ホーム勝ちから:1
ホーム分けから:3
ホーム負けから:0


マイルストーン

ウィリアンはあと2得点でチェルシー通算50ゴールを達成する。

セスク・ファブレガスは次の試合でプレミアリーグ通算350試合出場を達成する(チェルシーとアーセナルを合わせて)


数字で見るサウサンプトン

創立 1885年

主要タイトル
1 FA杯 1976年

今シーズン、サウサンプトンはアウェイで獲得可能な30ポイントのうちわずか7ポイントしか手にしていない。勝利したのはクリスタルパレス戦とハダースフィールド戦だけだ。

サウサンプトンは今シーズン、リードした展開から15ポイントを失っており、これはプレミアリーグ最多の数字だ。

マンチェスター・シティ戦では先発選手の平均年齢が24歳274日だったサウサンプトン。これは2013年12月のニューカッスル戦以降の5年間で最も若い記録となる。

サウサンプトンはロンドンでのリーグ戦ここ11試合で9敗中。

サウサンプトンはリーグ戦ここ10試合で一度もクリーンシートを達成できず。これは今シーズンのプレミアリーグで最も長い記録となる。


監督 ラルフ・ハーゼンヒュットル
在任期間:26日
試合数 5
勝ち 2
引分 0
負け 3


 


 


プレミアリーグ得点者

イングス 7(3PK)、アームストロング 3、ホイベルグ 3、オースティン 2、レドモンド 2、バートランド 1、ガッビアディーニ 1、オバフェミ 1、ソアレス 1

リーグ戦試合数

アウェイ勝ちから:0
アウェイ分けから:5
アウェイ負けから:1


出場停止

サウサンプトンのピエール=エミル・ホイベルグは出場停止

プレミアリーグ警告数

アロンソ 4、ジョルジーニョ 3、カンテ 3、モラタ 3、リュディガー 3、アザール 2、アリサバラガ 1、アスピリクエタ 1、クリステンセン 1、ダヴィド・ルイス 1、ファブレガス 1、ジルー 1、コヴァチッチ 1、ペドロ 1、ウィリアン 1

警告5枚で出場停止となる期間は終了。32節終了までに10枚の警告を受けると2試合の出場停止処分となる。

 

主審

ジョン・モス

今シーズン、ジョン・モスがチェルシーの試合を担当するのは5試合目。ここまではコミュニティシールドのマンチェスター・シティ戦、カーディフ戦、ダービー戦、そしてウルヴズ戦で笛を吹いている。

チェルシーからその他