分析

サッリ:ニューカッスル戦とウィリアンについて

スタンフォードブリッジでニューカッスルを下し立て直しに成功したマウリツィオ・サッリが、チームの将来、そして決勝点を記録したウィリアンの去就について語った。

試合は早々にペドロのゴールで先制するも、前半終了間際にニューカッスルが同点弾を記録。

それでも最後はウィリアンがファインゴールでネットを揺らし、5位アーセナルとの勝ち点差を6に広げている。

試合内容について

「結果には満足している」と話すサッリ。「トッテナム戦も内容自体は良かった。今日は開始10分まで良かったけど、先制した事で気が緩んだようだった。25分間眠ったようで、結局首をしめてしまった」

「後半は良くなったが、メンタル面での改善が要る。先制点から何かがおかしくなっていた。プレーを止めていたね。だが勝ち点3を取れたことが何より。ゴールも決まったしね。今はこれで十分だ」

先制点からプレーが止まった理由について

「理解に苦しむ。ここ5試合は得点力不足に苦しんでいた。だが今日は8分か9分のところで先制して、勘違いしてしまったようだ。プレーが止まった結果、苦しい展開になった。正しい形でプレーできなかった。これまでと違う展開だったからかな」

「ワトフォード戦では失点から前半最後に立て直せたし、トッテナム戦もいい戦い方ができていた。だが今日はポジティブな展開だったはずだ。メンタル面でも成長が求められる」

決勝点のウィリアンについて

「ウィリアンは大切な選手だ。昨日の記者会見でも話したが、クラブには残っていてほしい。ペドロも同じだ。ハドソン=オドイの存在感も増してきている。エデンは今日ストライカーとしてプレーしていた。だからこそウィンガーの数は必要だ。ペドロ、ハドソン=オドイ、ウィリアンはもちろんだ。チームの基盤となる選手だよ」

マッチレポートはこちら
 

セスク・ファブレガスの退団に伴う新戦力の獲得について

「今日のようにジョルジーニョがうまくいかない上にベンチに代わりがいないとなると、欲しいポジションではある。ジョルジーニョの代わりは必要だね」

「クラブもこの意見は分かっていてくれている。あとはクラブの判断だ」

チェルシーからその他