分析

ウィリアンがチェルシーでの未来に言及

ウィリアン:「この姿勢を続けたい」

ニューカッスル戦では劇的な決勝点を決めたウィリアンが自身の今後について話している。

スタンフォードブリッジで行われたニューカッスル戦ではウィリアンがマーティン・ドゥブラヴカの守るゴールへとシュートを決め、チェルシーを2-1での勝利へ導いている。

先週は移籍の噂もあったウィリアンだが、試合後には次のようなコメントを残している。

「自分の未来はこのクラブ、チェルシーにある。周りが何を言っているのかわからないね」ブルーズ通算49ゴールを決めたウィリアンが続ける。

「良いゴールだったよ。スペースがあったし、自分の思い通りのコースにシュートが決まった」

ニューカッスル戦では苦しんだブルーズ。相手に同点弾を許したものの、後半はマウリツィオ・サッリのコメントしたように改善している。ウィリアンはまだまだ成長できると感じているようだ。

「プレミアリーグはいつだってタフだ。特に試合を決めるのは難しいね」

「もっとクリニカルにやる必要があるけど、今日の試合ではそれができなかった。それでもこのチームにはそのクオリティがあると思うよ。より早い段階で試合を決めたいね。そうすればよりスペースを作れるはずだ」


期待に応えたペドロ

先制点を決めたのはペドロ。サッリは試合前、ペドロに期待するコメントを残していた。

「ペドロこのチームに必要な特徴を持っている。スペースに走り出せるからね。問題を解決するためには、ペドロが必要だね」サッリはこのように話した。

ペドロはサッリの期待に対して次のようにコメント。

「ウィリアンとライン間のコンビネーションをとって、自分がスペースへ走り出すんだ」ペドロは話す。

「ダヴィド(・ルイス)から完璧なパスがきたから、良いゴールを決めることができたよ」

チェルシーからその他