ニュース

ペトル・チェフが引退表明

チェルシーのレジェンド、ペトル・チェフが今シーズンいっぱいでの現役引退を表明。ブルーズでは2012年のチャンピオンズリーグを含め、主要タイトル全てを手にしている。

アーセナルでは3年半を過ごしたチェフ。チェルシーには2004年に加入し、10年に渡って正ゴールキーパーの座を守り切った。クラブを代表するキーパーとしてだけでなく、フットボール史にも名を残すレジェンドとしてその輝かしいキャリアに幕を下ろす。

チェコ代表ではキャプテンとしてチームを率い、チェルシーと共にプレミアリーグは4度制覇。デビューシーズンとなった2004/05シーズンには21のクリーンシートを記録している。36歳になったチェフはこれまでFA杯を4度、リーグ杯を3度、ヨーロッパリーグに加え、2012年のチャンピオンズリーグ優勝も経験。決勝では3度のPKストップで、トロフィー獲得の立役者となった。

2011年にはチェルシーの年間最優秀選手賞を受賞。チェルシー総計494試合出場は、歴代6位、外国人選手としてはトップの数字だ。またクリーンシートの数、228もクラブ最多記録となっている。

引退表明に伴い、チェフはTwitterにて以下のようにコメントしている。

「20年のプロキャリアを過ごして、今が幕引きにふさわしいと感じた。だからこそ、今シーズンいっぱいで引退をしようと思う。プレミアリーグで15年間プレーし、全ての主要タイトルを手にすることができた。アーセナルでもこのまま最後までハードワークを貫いて、何かもうひとつでもタイトルを手にできたら最高だね。引退してからの日々も、楽しみなんだ」

引退おつかれさま。ありがとう、ペトル・チェフ!

チェルシーからその他