ヒストリー

ディディエ・ドログバがペトル・チェフに敬意を表する

ペトル・チェフの引退発表を受け、ディディエ・ドログバがチェフのキャリアについて賛辞のコメントを送った。

2004年にチェフと同じ日にチェルシーデビューを飾ったドログバは2012年チャンピオンズリーグ決勝で決勝点となるPKを決めた。ドログバはこの時のチェフの活躍が優勝に導いたとした。

2015年、ドログバが英国フットボール・ライターズ協会に表彰を受けた時、ミュンヘンでのチェフの活躍を振り返った。

ペトル・チェフ – チェルシーでの記録

「みんなミュンヘンでの自分の決勝ゴールを話してくれることが多いけど、彼(チェフ)がいなければあのPKもなかったんだ」とドログバはイベントでチェフに話した。

「決勝では同点ゴールを決めたけれど、チェフはビッグセーブを多く見せた。でもこれがチェフの全てだとは思っていないよ。ストライカーは得点に絡むからみんな話すけれど、決勝で勝利することができたのは間違いなく君のおかげだよ。PKを決めた時チェフのところへ走っていったのはそういうわけさ」

チェフの引退発表を受け、ドログバはInstagramを更新し、「強いハート、高いプロ意識、勝者のメンタリティ」とコメントを残し、チェフのキャリアに敬意を表した。
 

チェルシーからその他