ブログ

ゴールの歴史

クル・ズマは最近、チェルシーの選手としてゴールを決めた139人目の選手となった。チェルシーの選手が決めた注目すべきゴールを振り返っていこう。 

トップリーグが新しくプレミアリーグとなってからおよそ27年が経った。

チェルシーは1747ゴールを決めているが、数多くの選手がゴールを奪ってきた。

プレミアリーグの最高記録には届かないものの、ズマがエヴァートンでゴールを奪ったことにより、ゴールを奪ったチェルシーの選手が合計139人になった。この数字はプレミアリーグのクラブの中で4番目に高い数字で、これよりも多いチームはウェストハム(147)、トッテナム(146)、ニューカッスル(141)となっている。 

上位3チームには少し及ばないものの、オウンゴールを除き、今シーズンの初めには133人であった。今シーズンは新たにハダースフィールド相手にゴールを決めたジョルジーニョ、ロス・バークリーが新たにチェルシーでゴールを奪った。

バークリーはプレミアリーグで3ゴールを奪っているが、他の22人の選手がプレミアリーグで1ゴールを奪っている。

ここでは注目すべきゴールを奪った選手にフォーカスしていこう。

ルートン・タウンの監督を務めているミック・ハーフォードは1992年の8月にオールダム・アスレティック相手に最初のプレミアリーグのゴールを決めた。 試合は1-1の引き分けに終わっている。

チェルシーでトップとなる171ゴールを奪ったフランク・ランパードは2005年にボルトン・ワンダラーズ相手にネットを揺らした。

海外出身の選手でゴールを多く奪った選手といえばディディエ・ドログバが真っ先に思い浮かぶだろう。最近引退を発表したこの選手はプレミアリーグで104ゴールを奪っており、アフリカ出身の選手として唯一100ゴールを奪った選手である。

ディディエは2度得点王に輝いたが、最初にブルーズの選手として得点王に輝いたのはジミー・フロイド・ハッセルバインクだ。彼は2000/01シーズンに得点王に輝いたが、同シーズンにニコラ・アネルカも得点王に輝いている。

次に紹介するのは記憶に残る1ゴールを決めた選手。

何人かのビッグネーム、スターであったストライカーがチェルシーで1つのゴールを奪った。

ピエルルイジ・カジラギはリヴァプール相手にゴールを決めたものの、数週間後に膝を怪我して引退を発表した。

ファルカオ、パト、クリス・サットンもまた一度しかネットを揺らしていない。クリス・サットンは5-0と勝利したユナイテッド戦でゴールを奪っており、ヘディングが強烈な選手であった。

CBのマイケル・デュベリーもまたプレミアリーグ唯一のゴールをチェルシーで決めた。また、アシエル・デル・オルノは2005/06シーズンにホワイト・ハート・レーンでネット揺らしている。 そしてスティーブ・クラークもリヴァプール相手にゴールを決めている。

ケネディもまたプレミアリーグ唯一のゴールをチェルシーで奪ったが、そのゴールを奪うまでに時間がそれほどかからなかった選手だ。2015/16シーズンにはノリッチ相手にわずか試合開始39秒でゴールを奪った。

一方、ジョン・ミケル・オビはゴールを奪うのに時間を要した選手である。彼の初ゴールは加入してから7年後の185試合目での出来事であった。この時の対戦相手はフルハム。

チェルシーからその他