ニュース

マウリツィオ・サッリがカラム・ハドソン=オドイの成長やゴンサーロ・イグアイン、そしてアルヴァロ・モラタの今後に言及

コブハムで行われた記者会見では、マウリツィオ・サッリがカラム・ハドソン=オドイの状態やチェルシーに関する移籍の噂、そしてアルヴァロ・モラタの状況について話した。

移籍市場に名前の挙がることが多い18歳のハドソン=オドイ。サッリはこういった状況であってもオドイのトレーニングでのパフォーマンスは影響を受けていないと話している。ハドソン=オドイの今後に関して本人と話していない理由について、サッリは次のようにコメントした。

「自分が解決できない問題について話したくはないね」サッリは続ける。

「オドイには満足している。1ヶ月前に守備の局面のトレーニングをして、オドイはすぐに成長した。今はオフザボールの動きにフォーカスしていて、その点でも成長していると思うよ。ピッチ上でもここ2ヶ月で本当に良くなっている。満足しているよ」

「今はトレーニングへの姿勢が良く、ポジティブな状態だ。精神的にもかなり良い状態だよ」

ゴンサーロ・イグアインがブルーズ加入間近かと問われたサッリは次のように答えた。

「わからないね。自分には答えられないよ。2週間前に(チェルシーのディレクターである)マリナ(・グラノフスカイア)と話したから、彼女は自分の意見を知っているはずだ。チームをもっと良くするための意見をね。だから今はピッチ上にフォーカスしている。試合やトレーニングだよ」

「マリナがしっかりと仕事をしていることを知っている。ただ、自分は試合にフォーカスしたいから移籍市場については何もわからないよ。毎日彼女に電話をかけることはない。そうしていたら移籍市場にメンタル面でエネルギーを費やしてしまう。メンタル面でのエネルギーはピッチ上で使いたいね」

スタンフォードブリッジを去ることが噂されるアルヴァロ・モラタだが、サッリはモラタが自身のプランに入っていると話した。

「プレーするかはわからないが、彼はチームでともにトレーニングをしている。いつも通りだよ。アルヴァロにとってはとても難しい状況だが、1月に移籍市場に関わるのは当たり前のことだ。アルヴァロはプレー可能だが、前の試合のように違った形を選択するかもしれない」

チェルシーからその他