ブログ

ガナーズ制圧

チェルシーがエミレーツ・スタジアムで決めた数々のファインゴール。あなたのお気に入りは?

ニコラス・アネルカ - 2009年5月
2008/09シーズンの顔合わせでは、アネルカが古巣相手にゴールを決めて4-1の勝利に貢献。センターサークル付近でボールを受けると、サミル・ナスリをかわして駆け上がり、低い弾道のシュートでルーカス・ファビアンスキを破ったのだった。

ディディエ・ドログバ - 2009年11月
2009年11月の一戦は、ディディエ・ドログバの独壇場のまま3-0で終えている。先制点に加え、トマス・ヴェルメーレンのオウンゴールを誘うプレーを放つと、最後は残り4分の場面で直接フリーキックを叩き込みマニュエル・アルムニアを撃砕したのだった。

フェルナンド・トーレス - 2012年9月
2012/13シーズン序盤の顔合わせでは、フェルナンド・トーレスがネットを揺らして2-1の勝利。ローラン・コシールニーに抑えられた体制から、フアン・マタのフリーキックに右足を出してヴィト・マンノーネを破っている。

フアン・マタ - 2013年10月
2013/14シーズンのリーグ杯4回戦は、ガナーズ相手にマタが終盤にダメ押し点を記録、2-0で勝利している。後半半ばにセサル・アスピリクエタのゴールで先制すると、ウィリアンのお膳立てから最後はマタがコースを突いたシュートで決着をつけている。

ディエゴ・コスタ - 2016年1月
2015/16シーズンは不振に苦しんだブルーズだったが、アーセナル相手にはダブル達成を収めている。スタンフォードブリッジでは2-0、エミレーツではディエゴ・コスタが勝負を決した。ネマニャ・マティッチのクロスからブラニスラヴ・イヴァノヴィッチが折り返し、最後はボックス内で待ち構えていたディエゴ・コスタがペトル・チェフを破ったのだった。

チェルシーからその他