分析

マルコス・アロンソ:単純なミスがチャンスを無駄にする

マルコス・アロンソはアーセナル戦の敗北から改善し、トッテナムとの対戦に備えなければならないと話した。

エミレーツでのアーセナルとの対戦で2-0と敗れたチェルシー。アロンソはポスト直撃のヘディングを放つなど存在感を発揮。またチーム唯一となる枠内シュートを放ったものの、ベルント・レノにセーブされた。

試合を振り返り、アロンソは効果的ではなかったポゼッションが敗北の一つの原因だとした。また金曜日に行われるカラバオ杯準決勝のトッテナム戦に向け切り替える必要があると語った。

「酷いミスをしてしまった」と彼は始めた。

「自分たちのミスから相手を勢いづかせてしまった。後半には少し盛り返したが、得点を奪うことはできなかったね」

「負けた時はその試合から学ぶ必要がある。分析をしてすぐに改善点を見つけなければならないね。あまり時間はない。4日後にはまた試合だ」

記事:マウリツィオ・サッリ:受け入れられないメンタリティ

チェルシーはこの敗北でアーセナルとの勝ち点差を9に広げることができず、3に縮めてしまった。またアーセナルの一個下の6位にはユナイテッドもいる。

「これはいいチャンスだね」とアロンソは認め、「この試合に負けたことにより、もっとハードに戦いチャンピオンズリーグの出場権を死守しなければならない。チームのモチベーションもより高くなるだろうね」

キャプテンのセサル・アスピリクエタがチェルシーTVに試合について、アロンソについてコメント

チェルシーからその他