ローン

あっちこっちチェルシー

タミー・エイブラハムのゴールを含む、ローン移籍中の選手の活躍をお届け。

ローン移籍中の選手にとって忙しい1週間となった先週。若きストライカーのゴールを振り返っていこう。

タミー・エイブラハムはアストン・ヴィラ戦でホームゲーム6試合連続ゴールを記録。2-0のビハインドの状況から同点となる2点目を獲得。またトッド・ケインはDFとしてスタメン出場。ハルはチャンピオンシップでの連勝が7で止まった。

メイソン・マウント、フィカヨ・トモリ所属のダービー・カウンティはFA杯のサウサウンプトンとの再試合に臨み、レディングとのリーグ戦を戦った。レディングとの一戦ではダービーが2-1で勝利を収め、ルイス・ベイカーが初めてスタメンに名を連ねることになった。またダービーはプレーオフ出場圏をキープしている。そしてFA杯ではPK戦の末、サウサンプトンを撃破。ブルーズからローン移籍中のマウントもしっかりをPKを決めている。 

シェフィールド・ウェンズデイ所属のマイケル・ヘクターはFA杯の再試合となるルートン・タウン戦の1-0の勝利に貢献。シェフィールドは土曜日にもリース・ジェイムズがローン移籍中のウィガンと対戦し、勝利を収めている。

ブリストル・シティはノッティンガム・フォレスト戦に1-0で勝利し、チャンピオンシップ7位につけており、1つ上の6位にはダービーがいる。この試合はフォレストのレジェンドであるマーティン・オニールが初めてフォレストを指揮した試合となった。トーマス・カラス、ジェイ・ダシルヴァはスタメン出場。ケイシー・パーマーは前半30分から途中出場を果たした。イプスウィッチのトレヴォ・チャロバーはブラックバーンに2-0で敗北を喫している。

プレミアリーグでは、クル・ズマが試合終了間際にゴールをアシスト。試合はサウサンプトンに2-1で敗れている。クル・ズマは先週のボーンマス戦で初ゴールも記録している。

ケネス・オメルオはバルセロナ戦に挑んだものの、3-1でバルセロナが勝利。 

セリエAではマリオ・パサリッチが先制点をアシスト。5-0で勝利している。トリノのオラはローマ相手に3-2で敗北。ティエムエ・バカヨコはジェノアと対戦。エールディヴィジではウィンターブレイク明け初めての試合が行われた。エドゥアルド、ジェイク・クラーク=ソルター所属のフィテッセが3-2で勝利を飾っている。

ブラッドリー・コリンズ所属のバートンは終了間際に同点ゴールを奪い2-2の引き分けに終わった。ネイサン・バクスター、ジョッシュ・グラントはチームの2連勝に貢献。ジェイコブ・マッドクスのチェルテナムは2-0で勝利。

記事:ステップアップ - ジェイコブ・マッドクス

オランダ2部ではスパルタのファンカティ・ダボがローダが2-2の引き分けに終わり、ベルギー1部では、PKで1-1の同点に追いついた直後にキリアン・アザールがベンチから途中出場を果たした。

 

チェルシーからその他