ブログ

再びチームメイトに

ゴンサロ・イグアインは日曜日マルコス・アロンソなどと共にスタメン出場を果たし、チェルシーデビューを飾った。ここではマルコス・アロンソのフットボール人生を振り返っていこう。

この試合では新加入ストライカーがブルーズデビュー。スタンフォードブリッジで行われたFA杯シェフィールド ・ウェンズデイ戦での3-0の勝利に貢献した。2010年にはアロンソが地元のクラブであるレアル・マドリッドでプロデビューを果たした。

レアル・マドリッドの各ユースチームで試合に出場し、3部所属のBチームでも試合に出場した。2009/10シーズンにはマヌエル・ペレグリーニ監督の下、トップチームでのレギュラーになるチャンスが訪れた。ペレグリーニはその4年後にプレミアリーグのマンチェスター・シティを率いることになる。 

12月のヴァレンシア戦にはトップチームから初めて声がかかったものの、トップチームデビューは2010年の4月であった。ラシン・サンタンデール戦で2-0と勝利していた試合終盤に途中出場。この時に交代した選手が現在チームメイトのイグアインであった。

イグアインに拍手されながら交代し、アロンソはマドリッドでのデビューを飾った。そしてマドリッドではこの1試合出場したのみで、海外に移籍することになった。最初はボルトンへ、次にはフィオレンティーナへ移籍した。

一方のイグアインはベルナベウで素晴らしいキャリアを過ごした。実際、サンタンデール戦でもクリスティアーノ・ロナウドに続き、グティのスルーパスに抜け出し得点を奪っている。

このゲームが行われた時点ではイグアインはマドリッドでの7シーズン目を過ごしていた。2009/10シーズンでは40試合に出場し、29ゴールを挙げるなど大活躍を見せた。

しかし、このシーズン6つあるタイトルを獲得することはできなかった。イグアインは2007、2008、2012年にリーグを制覇し、優勝を決めたオサスナ戦では決勝点を決めている。イグアインはまた2008、2012年のスーペルコパ・デ・エスパーニャでもゴールを奪っている。

チェルシーからその他