ニュース

マウリツィオ・サッリ:継続がカギ

マウリツィオ・サッリがチームのパフォーマンスやゴンサロ・イグアイン、移籍市場での動きについてコメント…

再び過密日程となる中で、チームの身体的なパフォーマンスは高いレベルを保っていると話したマウリツィオ・サッリ。この姿勢やアプローチを継続できるかがカギとなりそうだ。

マウリツィオ・サッリ:「カラム・ハドソン=オドイは残留する」

カラバオ杯ではトッテナムを下し、FA杯ではシェフィールド・ウェンズデイに勝利したブルーズ。次の舞台はプレミアリーグ、相手はボーンマスだ。未だ4つの大会で優勝の可能性を残す中、サッリは今シーズンの状況に言及した。

「このチームは戦っている。ヨーロッパのチームの中で、4つの大会で優勝の可能性を残しているのは2つだけだ。嬉しいことだね。カラバオ杯の決勝戦、FA杯やプレミアリーグなど、非常に難しい試合が控えている」

「このチームは困難にも立ち向かえることを証明した。だからこそこれを継続しないとね。最近の2試合は素晴らしいものだったが、大切なのはこれを継続させることだ」

「このチームは質、量ともに身体的パフォーマンスのレベルが高い。これは数字を見れば明らかだよ」

「もちろんそれはメンタルの状態によって左右される。チームが非常に高いモチベーションを持っているときは身体的なパフォーマンスにおいても良い数字を残せている」

「今は良い状況だが、それがなぜかはわからない。特殊なプレシーズンを送っていたのにね。このチームが残している数字は素晴らしいものだ」

ボーンマス戦では負傷離脱選手はなし。ゴンサロ・イグアインのプレミアデビューも期待される。

「このリーグに適応するのは簡単ではない。プレミアリーグは本当に難しいリーグだよ。FA杯の試合後、イグアインは試合が非常にアグレッシブだったと話していた。だけどそれは普通のことなんだ!」

「簡単ではないが、イグアインには経験がある。優れた選手で、数試合をプレーすれば適応できるだろう。1ヶ月以内に適応してほしいね」

シェフィールド・ウェンズデイ戦ではウィリアンにPKを譲ったイグアイン。サッリのコメントは。

「少し驚きではあった。イグアインは毎試合ゴールを決めたいと思っているだろうからね。ただ、彼はウィリアンにボールを譲った。最高のスタートだよ。チームメイトのために戦える選手だ。自分は満足しているよ」

咋夏に加入したケパの成長ぶりについては。

「成長している。時間をかけてイングランドに適応したね。プレミアリーグでは、特にゴール前は違ったスポーツのようだね!スペインやイタリアと比べれば、この環境は厳しいものだ」

「若きスペイン出身GKにとって、プレミアリーグに適応するのは簡単ではない。それでも彼は非常に早く成長している。将来的にヨーロッパでもトップのGKとなれるだろうね」

木曜日に閉まる移籍市場に関して、ギャリー・ケイヒルとダニー・ドリンクウォーターの今後は未定と話したサッリ。セスク・ファブレガスの穴を埋める選手の補強があるのか、そうでなければジョルジーニョ以外にどの選手がその役目を担うのか、サッリが次のようにコメントしている。

「2人の選手を獲得することが必要だった。1人はすでに合流し、もう1人はまだ未定だ。もう1人も合流できれば嬉しいが、そうでなければ現状の選手で戦うしかないね。大きな問題ではないよ。もちろんその場合には誰かをそのポジションに置くこととなる」

「ウェンズデイ戦、(イーサン・)アンパドゥはそのポジションで素晴らしいプレーとは言えなかった。ただ彼はまだ若く、そのポジションでの経験もない。このチームでそれをプレーするのは簡単ではないはずだ」

「後半はマテオ(・コヴァチッチ)を置いた。マテオは素早くボールを動かすことができた。あとは守備の局面でもそのポジションでプレーできるかだね」

チェルシーからその他