マッチプレビュー

マッチプレビュー:ボーンマス v チェルシー - ナンバーズ

ブルーズがロンドンを離れるのはボクシングデイ以来。クラブの専門家ポウル・ダットンがボーンマス戦をプレビューしてくれた…


数字で見るチェルシー

マウリツィオ・サッリ率いるチェルシーは今シーズンのリーグ戦アウェイゲームで4位の成績。獲得可能な33ポイントのうち、22ポイントを手にしている。

エデン・アザールはボーンマスを相手にここ8試合で7ゴールを挙げている。

 

ケパ・アリサバラガ、セサル・アスピリクエタ、アントニオ・リュディガー、マルコス・アロンソ、エンゴロ・カンテの5人は今シーズンのリーグ戦全試合で先発出場中だ。

チェルシーはリーグ戦ここ3試合中、2試合で無得点に終わっている。


プレミアリーグ得点ランキング
アザール 10、(3 PK)、ペドロ 7、モラタ 5、バークリー 3、カンテ 3、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 3、アロンソ 1、ダヴィド・ルイス 1、ジルー 1、ジョルジーニョ 1(PK)、リュディガー 1、オウンゴール 1

リーグ戦ここまで
アウェイ勝ちから:1
アウェイ引分から:8
アウェイ負けから:0




マイルストーン

アンドレアス・クリステンセンは次の試合でチェルシー通算50試合出場を達成する。

セサル・アスピリクエタはシェフィールド・ウェンズデイ戦でキャプテンとして50試合出場を達成した。

ルベン・ロフタス=チークはシェフィールド・ウェンズデイ戦でチェルシー通算50試合出場を達成。

ウィリアンはシェフィールド・ウェンズデイ戦でチェルシー通算50ゴールを達成。ここまでの51ゴールの内訳は以下の通りだ:

プレミアリーグ 28(1 PK)
FA杯 10(2 PK)
チャンピオンズリーグ 9
ヨーロッパリーグ 2
リーグ杯 2

ゴールを決めた相手:

5ゴール
ストーク

3ゴール
エヴァートン、ハル、ニューカッスル

2ゴール
ボーンマス、バーンリー、クリスタルパレス、リヴァプール、マッカビ・テル・アヴィヴ、マンチェスター・シティ、ポルト、カラバフ、シェフィールド・ウェンズデイ、サウサンプトン、トッテナム

1ゴール
アストンヴィラ、バルセロナ、ブレントフォード、ブライトン、カーディフ、ディナモ・キエフ、ハダースフィールド、マンチェスター・ユナイテッド、ノリッチ、PAOK、ピーターバラ、シャルケ、サンダランド、ヴィディ、ワトフォード

数字で見るボーンマス

創立 1899年(当時はボスコムFC)

主要トロフィー
フットボールリーグチャンピオンシップ優勝(2部) - 2014/15
フットボールリーグ3部優勝 - 1986/87
フットボールリーグトロフィー優勝 - 1983/84

クラブ120年の歴史で、トップディヴィジョンはこれが4シーズン目。

ボーンマスはここまでリーグ戦23試合で勝ち点30と、昨シーズンより6ポイント多い。

ホームでは12試合で勝ち点21と、ホームゲームでは6位タイの好記録。カーディフ、レスター、クリスタルパレス、ハダーズフィールド、ブライトン、ウェストハム相手に勝利。エヴァートン、サウサンプトン、ワトフォードと引き分け。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールに負けている。

ボーンマスは10月以来となるリーグ連勝を狙う。

ヴァイタリティ・スタジアム(38)では、エティハド(50)に次いで今シーズンのリーグ戦ゴールが生まれている。

ボーンマスはプレミアリーグホームゲーム過去3試合中2試合クリーンシートを記録。

エディ・ハウは就任6年で、現在プレミアリーグで最長。2012年10月に復帰して以来、300試合を指揮している。

監督 エディ・ハウ

就任日数:2,302日
試合数 299
勝ち 129
引き分け 66
負け 104

対チェルシー戦績
勝ち 2
引き分け 0
負け 7

 


 


プレミアリーグ得点ランキング

ウィルソン 10 (1 PK)、キング 6 (3 PK)、ブルックス 5、フレイザー 5、アケ 3、S.クック 1、レーマ 1、A.スミス 1、スタニスラス 1

リーグ戦ここまで

ホーム勝ちから:0試合
ホーム分けから:1試合
ホーム負けから:3試合
 

出場停止

なし

 

主審

ロジャー・イースト。今シーズン、チェルシーの試合を担当するのはこれが初。前回は2017年12月、ホームでサウサンプトンを1-0で勝利した試合。

チェルシーからその他