分析

サッリ:解決すべき問題

マウリツィオ・サッリは攻撃的な選手のけが人が多さ故に、サウサンプトン戦での難しさを語った。

前半終了前に、ウィリアンが怪我のため交代を余儀なくされたブルーズ。サウサンプトンとの2019年最初の1戦は相手GKアンガス・ガンのセーブが多くあり、スコアレスドローに終わった。またアルヴァロ・モラタが後半にネットを揺らしたものの、オフサイドでノーゴール判定になった。

「80分間は素晴らしいプレーを見せていた。そして残り20分間は問題が起こった」とサッリは説明。

「多くではないが、チャンスは作った。このようなコンパクトな展開となる試合は難しい。もし先制点を奪うことができていれば、スペースを簡単に見つけることができるだろうね」

「最後の15分、20分では問題を解決する必要があった。ここ最近の試合では試合を支配することができた。しかし今回は先制点を奪うことができなかった。パフォーマンスは良かったと思うよ」

アルヴァロ・モラタのオフサイドについて

「オフサイドかどうかは分からない。ベンチから遠かったからね。ジルーが前節で2ゴールを決めたように見えたが、オリヴィエがオフサイドであったかどうかは分からない。リプレイを見ても判断が難しいからね。ゴールについては意見はないよ」

ウィリアンの怪我について、そして後半の難しさについて

「ウィリアンの怪我は深刻でないと思う。ドクターによると、ペドロも深刻な怪我ではない。1週間で練習に復帰できるだろう。ジルーとハドソン=オドイは厳しい」

「ベンチには攻撃的な選手がロフタス=チーク1人のみだった。それでも彼は100%の状態ではない。背中にに怪我を抱えている。ラスト30分で試合の状況を変えるのは難しかった。ファブレガスを途中出場させたが、前半のようにボールを回したいという意図があった。今はとにかくオフェンスの選手の多くが怪我をしている」

クリスタルパレス戦で怪我をしたオリヴィエ・ジルーについて

「思っていたよりも良い状態だ。ドクターによると、10日後にはトレーニングに復帰できるとのことだった今日の試合は変化が必要があったが難しかった」

昨日プリシッチがドルトムントから加入すると発表された。サッリはプリシッチの契約について答えた

「プリシッチの契約については分からない。市場担当ではないからね。市場担当は私の意見を知っている」

チェルシーからその他