マッチプレビュー

マッチプレビュー :ボーンマス v チェルシー - マッチデイ

マッチデイ

マウリツィオ・サッリはシェフィールド ・ウェンズデイ相手に見せたパフォーマンスに満足していたが、もっと試合を早く決定づけられるとした。チェルシーはボーンマス戦に向けエデン・アザール、ダヴィド・ルイス、ペドロを休ませた。

ブルーズは3日後にハダーズフィールドとリーグ戦を戦うが、ボーンマス戦ではスタメンに注目が集まる。日曜日の試合ではエメルソンが左サイドバックを務め、ルベン・ロフタス=チークが怪我から復帰。セスク・ファブレガスに変わって、18歳のイーサン・アンパドゥを起用。そしてカラム・ハドソン=オドイ5試合目のチスタメン出場で、ゴールを決め今シーズンは5ゴール(2ゴール、3アシスト)に絡む活躍。

 

ボーンマス相手にアザールは9試合で7ゴールを奪うなど相性の良さを発揮。今シーズン、スタンフォードブリッジでの対戦は2試合あるが、アザールはいずれの試合でもゴールを獲得。9月にはペドロもまたボーンマス相手に奪っており、ボーンマスとの対戦6試合で3ゴールを決めている。 フルハム、カーディフ、バーンリーがボーンマス以上にアザールにゴールを許している。 

2週間前にウェスト・ハムを2-0で下してからボーンマスは5試合価値がない。そのうち4試合は敗北を喫している。ボーンマスの勝ち点のうち7割がホームで稼いだものである。

ボーンマスはセットプレイでの守備を得意としており、プレミアリーグではFK、CKからの失点数が最も少ない数字となっている。ホームで12試合戦い、先制ゴールを許したのはわずかに1。17失点の内10失点は後半に許したものだ。 

ハウはバックラインを4枚、3枚、5枚と変更しているものの結果には結びついていない。ジョシュア・キングとカラム・ウィルソンをウェストハム戦では前線に起用。左ウィングには9ゴールに絡んでいるライアン・フレイザーを置いた。

 

その他

チェルシー
けが人
なし

微妙
なし

出場停止選手
なし


ボーンマス
けが人
ルイス・クック
サイモン・フランシス

微妙
ドミニク・ソランケ
カラム・ウィルソン

出場停止選手
なし

チェルシーからその他