ヒストリー

ジャンフランコ・ゾラが語るチェルシーでの記憶

ジャンフランコ・ゾラが自身のキャリアから印象的な瞬間を話してくれた。

チェルシーのレジェンドであり、現在はファーストチームのアシスタントコーチを務めるゾラがBT Sportの番組『What I Wore』に出演。スタンフォードブリッジで過ごした自身のキャリアを振り返った。

ゾラは1996年11月、パルマから加入。すぐにサポーターからの信頼を勝ち取った。

ゾラはチェルシーへの移籍がフットボールへの愛情を思い起こさせたと話している。

ゾラはストライカー、ピエルイジ・カジラギの負傷離脱がなければ1997/98シーズンにはプレミアリーグで優勝できたと話す

ジョン・テリー、フランク・ランパードとともにプレーした経験のあるゾラ。2人の選手に対しては次のように話している。

BT Sportの同番組はこちらをクリック(英語のみ)

懐かしきチェルシーのユニフォームはオンラインメガストアで購入可能だ(英語のみ)

チェルシーからその他