マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v ハダースフィールド - ナンバーズ

再び勝利を掴みとることができるか。クラブの専門家ポウル・ダットンがハダースフィールド戦をプレビューしてくれた…


数字で見るチェルシー

2015年11月以来となるプレミアリーグ3連敗は避けたいチェルシー。

今シーズン、マウリツィオ・サッリ率いるチェルシーはホームで20戦15勝4分。唯一敗れたのはクリスマス前のレスター戦だ。

ケパ・アリサバラガ、セサル・アスピリクエタ、アントニオ・リュディガー、エンゴロ・カンテの4人は今シーズンここまでのリーグ戦全試合で先発出場している。

ブルーズはプレミアリーグのホームゲームではここ15戦わずか1敗(8勝6分)

チェルシーはリーグ戦ここ4試合中3試合で無得点に終わっている。

プレミアリーグではここ6試合で3敗と調子が良くないチェルシー。

エデン・アザールは10アシストを記録し、チャンスメイク数は64。いずれもプレミアリーグ最多の数字だ。


プレミアリーグ得点者:(40ゴール)
アザール 10(3PK)、ペドロ 7、モラタ 5、バークリー 3、カンテ 3、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 3、アロンソ 1、ダヴィド・ルイス 1、ジルー 1、ジョルジーニョ 1(PK)、リュディガー 1、オウンゴール 1

リーグ戦ここまで
ホーム勝ちから:0
ホーム引分から:1
ホーム負けから:2


マイルストーン

アントニオ・リュディガーは次の試合でプレミアリーグ50試合スタメン出場を達成する。

アンドレアス・クリステンセンは次の試合でスタメン入りすればチェルシー通算50試合スタメン出場達成だ。


数字で見るハダースフィールド

創立 1908年

主要タイトル
3 リーグチャンピオンシップ 最終1926年
1 FA杯 1922年
1 チャリティシールド 1922年

ハダースフィールドはイングランドのリーグ戦で初めて3連覇を達成したクラブだ(1924、1925、1926年)

今シーズンはホームよりもアウェイで好成績を残すハダースフィールド。アウェイでは獲得可能な33ポイントのうち6ポイントを手にしている。唯一勝利したのは11月、ウルヴズとのアウェイゲームだ。アウェイでのエヴァートン、バーンリー、カーディフ戦ではドローに終わっている。一方でマンチェスター・シティ、レスター、ワトフォード、ボーンマス、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、フルハム相手にはアウェイで敗れている。

アウェイでハダースフィールド(21)より多くの失点を喫しているのはアーセナル(22)など7チームだ。

プレミアリーグではここまで13ゴールのハダースフィールド。ここ4試合はいずれも無得点に終わっている。

プレミアリーグではここ11戦1分10敗と絶不調だ。

ハダースフィールドの全13ゴールのうち4ゴールはボックス外から放たれたもの。31%という割合はリーグ最多だ。

クリストファー・シンドラーは今シーズンのリーグ戦全試合で先発出場している。


監督 ジャン・シーワート
在任期間:12日
試合数:1
勝利:0
引分:0
負け:1

ジャン・シーワートはチェルシーと初めて対戦する。


 


プレミアリーグ得点者

ザンカ 3、ビリング 2、ムーイ 2、コンゴロ 1、ムニエ 1、プリチャード 1、シンドラー 1、スタンコヴィッチ 1、オウンゴール 1

 

リーグ戦ここまで

アウェイ勝ちから:5
アウェイ引分から:0
アウェイ負けから:2



その他

出場停止はなし


主審

主審はポウル・ティエニー。ブルーズの試合を担当するのは8月のニューカッスル戦以来だ。スタンフォードブリッジで行われたリヨンとのプレシーズンマッチでも笛を吹いている。

チェルシーからその他