マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v ノッティンガム・フォレスト - ヒストリー

ノッティンガム・フォレストとの過去の対戦をリック・グランヴィルとポウル・ダットンが振り返ってくれた...

ヒストリー

ノッティンガム・フォレスト相手の公式戦6連勝を狙うチェルシー。FA杯で両者が対戦するのは今回が4度目だ。ブルーズはそのうちの3回で勝利を手にしている。

スタンフォードブリッジでノッティンガムと最後に対戦したのは昨シーズンのカラバオ杯3回戦。この試合ではブルーズが5-1で勝利した。

 

FA杯でノッティンガムと対戦するのは今回が5回目。これまでの4回は1934年から2007年にかけて、全てFA杯4回戦での試合だった。そのうちの3試合はスタンフォードブリッジで開催されている。

1934年1月の対戦ではスタンフォードブリッジに53,000人以上の大観衆が訪れた。チェルシーは後半立ち上がりにトム・プリーストレイのゴールで先制するも、直後にトム・ピーコックに同点弾を許してしまう。

4日後に行われた再試合ではノッティンガムのホームでチェルシーが3-0と快勝。37,000人の観客を前にヒュー・ギャラカーが2ゴール、ジョージ・ギブソンが1ゴールを決めている。

次に両者が顔を合わせたのは66年後の2000年1月。フランク・ルブーフとデニス・ワイズがネットを揺らし、ブルーズがアウェイで勝利を手にする。ルブーフはジャンフランコ・ゾラのフリーキックに頭で合わせ、ワイズはジョディ・モリスのクロスからゴールを決めている。

FA杯で最後にノッティンガムと対戦したのは2007年1月。この試合ではマイケル・エシエンが中盤を統率し、アンドリュー・シェフチェンコとディディエ・ドログバのゴールでブルーズが前半のうちに2点をリードする。さらにはジョン・ミケル・オビのゴールで3-0としたチェルシーが次のラウンドへの進出を決めた。

チェルシーとノッティンガムが最後にプレミアリーグで対戦したのは1998/99シーズン。ホーム、アウェイともにブルーズが勝利を手にしている。

ブルーノート

1946年1月5日、戦争のための6年間に及ぶ中断期間を経てフットボールの公式戦が初めてスタンフォードブリッジで行われた。レスターとのFA杯3回戦には40,000人の観客が足を運んだ。チェルシーはトミー・ロウトンがネットを揺らすも、1st legは1-1のドロー。2nd legではブルーズが2-0で勝利を手にしている。

ノッティンガムが最後にスタンフォードブリッジで勝利を手にしたのは1995年1月のプレミアリーグ。7試合前の対戦だ。チェルシーの指揮官はグレン・ホドルだった。この一戦ではスタン・コリモアの2ゴールでノッティンガムが2-0とブルーズを下している。

FA杯でのチェルシー v ノッティンガム

1934年1月27日、FA杯4回戦、スタンフォードブリッジ
チェルシー 1-1 ノッティンガム・フォレスト

1934年1月31日、FA杯4回戦、シティ・グラウンド
ノッティンガム・フォレスト 0-3 チェルシー

2000年1月19日、FA杯4回戦、スタンフォードブリッジ
チェルシー 2-0 ノッティンガム・フォレスト

2007年1月28日、FA杯4回戦、スタンフォードブリッジ
チェルシー 3-0 ノッティンガム・フォレスト


その他カップ戦での顔合わせ


スタンフォードブリッジでの最多得点勝利

2017年9月20日 - チェルシー 5-1 ノッティンガム・フォレスト - リーグ杯3回戦
1986年9月20日 - チェルシー 2-6 ノッティンガム・フォレスト - ディヴィジョン 1



 

チェルシーからその他