ローン

あっちこっちチェルシー

今週もローン組の活躍を振り返っていこう…

ローン組も続々とFA杯に参戦。ジェイ・ダシルヴァ(上写真)がブリストルシティでスタメン出場、トマス・カラスが途中出場となったハダースフィールドを1-0で下して4回戦進出を決めている。エヴァートンのクル・ズマもリンカーンシティ相手の2-1の勝利に貢献した。

ダービー・カウンティはサウサンプトンと2-2の引き分けで再試合へ。フィカヨ・トモリが出場している。マイケル・ヘクター擁するシェフィールド・ウェンズデイはルートんとスコアレスドロー。ニューカッスルのケネディはスタメン出場も、ブラックバーンと1-1で引き分けている。

リーズのルイス・ベイカーはスタメン出場も、QPRに2-1の敗戦。ハルのトッド・ケインもスタメン出場も、ミルウォールに2-1で敗れている。ウィガンのリース・ジェイムズは途中出場、ウェストブロム相手に1-0で敗れている。

元日から始動しているチャンピオンシップからはアストンヴィラのタミー・エイブラハムが2ゴールでQPRと2-2の引き分け。エイブラハムはこれで21試合16ゴールとしている。ブリストルシティはカラスが、ストーク戦2-0の勝利に貢献した。

ダービーのトモリ、メイソン・マウントはフル出場でミドルズブラと1-1の引き分け。ヘクター擁するシェフィールド・ウェンズデイも、バーミンガムと同じスコアラインで引き分けている。イプスウィッチのトレヴォ・チャロバーはスタメン出場も、ミルウォールに3-2の敗戦。リース・ジェイムズ擁するウィガンはシェフィールド・ユナイテッドに3-0の完敗を喫している。

プレミアリーグの2019年初戦からは、ズマ擁するエヴァートンがレスターに1-0で黒星。ニューカッスルのケネディは後半から途中出場も、マンチェスター・ユナイテッドに2-0で敗れている。

ラリーガではヴァレンシアのミシー・バチュアイが途中出場、アラヴェスに2-1で敗れている。レガネスのケネス・オメルオはスタメン出場、エスパニョールに1-0で敗れた。

リーグ1所属バートン・アルビオンのブラッドリー・コリンズはクリーンシート2つを記録。まずはシーズン収録までのローン契約延長を発表した後の試合、ブリストル・ローヴァーズとのスコアレス。続いてロックデイル相手には4-0で快勝、次は水曜日にカラバオ杯準決勝でマンチェスター・シティと対戦する。デュジョン・スターリング擁するコヴェントリーはウィコム相手に2-0の勝利。しかしスカンソープには2-1で敗れている。

リーグ2所属のチェルテナムではジェイコブ・マッドックスが先制点をアシストし、イェーヴォリ相手に4-1の勝利。そのイェーヴォリはバリー戦でネイサン・バクスターが出場、1-0で敗れている。

チェルシーからその他