ニュース

ハドソン=オドイ:勝利に値した

FA杯初出場を果たし、2つのアシストでノッティンガム・フォレスト相手の2-0での勝利に貢献したカラム・ハドソン=オドイが試合を振り返った…

ハドソン=オドイは2本の素晴らしいクロスでアルヴァロ・モラタの2ゴールをアシストし、チャンピオンシップのノッティンガム・フォレスト相手の勝利に大きく貢献した    

「試合に出場する機会をもらい、チームの勝利に貢献する事ができてとても嬉しいよ」18歳のハドソン=オドイは話す。「チームとしては上手く試合を進められたし、メンタル面も強かった。アルヴァロは素晴らしい2ゴールを決め、チームは一丸となって戦えたよ。チェルシーは勝利に値したね」

いくつかのチャンスをつくったものの、前半は無得点で終えたチェルシー。 ハドソン=オドイは自分たちのゲームプランをこなすように指示を受けていたようだ。後半開始4分、ハドソン=オドイのクロスからモラタが先制点をもたらした。

「あのコースしかなかったね」とハドソン=オドイは話した。「もしゴールを奪えないなら、得点するまで攻め続ける。今日のゲームでは攻めの姿勢を示したと思うよ」

「チャンスをつくり続ければゴールが決まる事を心得ていた。だから、得点を奪えるまでの辛抱だった。幸運にも今日はその瞬間が訪れた」

自身初となるFA杯でフル出場を果たしたハドソン=オドイ。チェルシーで10代の選手が1試合2アシストを記録したのは11年前のスコット・シンクレア以来のことだ。

「そのことを聞けて嬉しいね。今日の試合では自分たちが上手くやっている事を証明した」ハドソン=オドイは言う。「チェルシーは毎日練習でハードワークしている。自分が少しの歴史を刻めた事を誇りに思うよ。だけどそれは自分自身ではなくチームがあってこそなんだ。だからチームの勝利を祝うよ」    

チェルシーからその他