ニュース

ランパード:「トモリは期待に応えてくれる」

ここ数週間で輝きを見せているフィカヨ・トモリ。フランク・ランパードが若きDFの成長ぶりを語った。

8月下旬のシェフィールド・ユナイテッド戦で初めてフル出場を達成したばかりのトモリだが、その活躍には目を見張るものがある。シェフィールド・ユナイテッドを相手に上々のプレーを見せたトモリは、2週間後のウルヴズ戦でブルーズ初ゴールを決めた。

スタンフォードブリッジにリヴァプールを迎えた一戦ではモハメド・サラーを無得点に封じ、今週はリール戦でも活躍。そのパフォーマンスが認められ、21歳のトモリはギャレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表に初めて招集された。イングランド代表への招集に関しては、ランパードもコメントを残している。ランパードはトモリの成長ぶりを次のように語った。

「彼は物静かなタイプだが、チームとしてプレーするときは能力を発揮するんだ」ランパードは話す。

「優れたパーソナリティを持つ選手だね。それは昨シーズン、ダービーで育まれたものだ。ドレッシングルームでも注目を集めているし、そのパフォーマンスはファンからの人気も高いよ」

「成長は著しいけど、自分が気に入っているのはトレーニングへの姿勢だ。フィカヨは真摯に取り組み、ハードワークをする。要求に応えて、それ以上の結果を出そうとするんだ。身体能力も高いね。スプリントやランニング、負荷の高いトレーニングでもやり遂げている」

「トレーニングの中にはシンプルでも集中を欠かせないものがある。彼はいつも集中を保っているんだ。それがチームでのパフォーマンスに現れているね。今シーズンの早い段階からピッチに立っているけど、ここまでは素晴らしい出来だ。これからももっと成長するはずだよ」

ダービーで1シーズンをともに戦ったランパードとトモリだが、トモリがプレミアリーグで同様のパフォーマンスを見せられるかは実際にプレーさせるまでわからなかったという。

「シェフィールド・ユナイテッド戦は、彼がトレーニングでやってきたことを発揮するべき試合だと考えた」ランパードは話す。

「それは選手全員に対するメッセージだった。トレーニングでの姿勢が試合出場に繋がる。それがこのチームの基準だよ。彼はトレーニングで本当によくやっていたから、出場に値したんだ」

「素晴らしいパフォーマンスだったし、それを継続していることは嬉しい悩みだね。まだまだ道半ばだけど、期待に応えてくれているよ」

「リール戦ではミスがあったが、ケパがセーブしてくれた。こうしたミスは無くしていかないとね。成熟するにつれて、無くなるはずだ。それ以外は本当に素晴らしいパフォーマンスだった」

「リヴァプール戦ではモハメド・サラーを止めていたし、タフなチャンピオンズリーグのアウェイでリールの素早いストライカーにも対応していた。ブライトン戦のようなプレーを続けてほしいね。サウサンプトン戦や、その後の試合も同じだ。高い基準を継続していくことがカギになる。それを望んでいるんだよ」

チェルシーからその他