ニュース

メディアウォッチ:イグアインについてジョー・コールがコメント、バチュアイが移籍についてツイート

メディアの情報をピックアップ。ジョー・コールがゴンサロ・イグアインの移籍にコメント、ミシー・バチュアイがクリスタルパレス移籍についてSNSでリアクション。

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールクラブの意見や表明ではありません。

ジョー・コール:イグアインはいい補強

ザ・テレグラフのインタビューにて、ジョー・コールがゴンサロ・イグアインの加入はチームにプラスになるとコメントした。

「実に意味のある獲得だね。チェルシーに必要なのは、頼れる9番の存在だった。イグアインとは需要と供給があっていると思う」と話すコール。

「ひとつ確かなのは、重責が伴うってことだ。でもイグアインはこれまでもビッグクラブでプレーしてきたから、大丈夫だろう」

「問題はどれだけ早く馴染めるかだ。サッリとは旧知の仲だし、システムも理解するの早いだろう」

パレス移籍を喜ぶバチュアイ

ミシー・バチュアイがソーシャルメディア上で、クリスタルパレスへのローン移籍を喜んでいる。

デイリー・メールによれば、木曜夜11時の移籍市場締め切り前に書類申請を終えていたため、金曜日になっても移籍の手続きは問題なく進められたようだ。

木曜日の移籍発表の時点ではスペインにいたバチュアイだったが、クリスタルパレス色の絵文字を使って喜びを表現している。

また'待ちきれないよ'とファンに向けたつぶやきも。

パレスはFacebook上でバチュアイ移籍をお祝いした。

パレスのチェアマン、スティーヴ・パリッシュは「クリスタルパレスにとって嬉しい契約だ」とコメント。

「ミシーのような選手を待っていたんだ。やっと獲得できた。チームにとって大きな補強となるはずだ」

ルンメニゲ氏がハドソン=オドイへのコンタクトを否定

Goal.comによれば、バイエルン・ミュンヘンCEOのカール=ハインツ・ルンメニゲは、カラム・ハドソン=オドイへの個人的なコンタクトはしていないとコメント。

またスポールダイレクターを務めるハサン・サリハミジッチはハドソン=オドイへの興味を隠さなかったものの、オファーはチェルシーに拒否されたと明かしている。

一方でルンメニゲはバイエルンのやり方がチェルシーに悪印象だったことは認めつつも、謝罪の必要はないとしている。

チェルシーからその他