分析

苦い敗戦を振り返るセサル・アスピリクエタ

セサル・アスピリクエタは昨日のマンチェスター・シティ戦での大敗をファンに謝罪し、彼のキャリアの中でもあまり経験のない大敗だと嘆いた。

昨日チェルシーはプレミアリーグが始まって以来の大敗を喫した。シティは前半25分のうちに4ゴールを奪い、後半に2ゴールを挙げた。チェルシーはこれでアウェイの3試合連続でゴールを奪っていないこととなった。

この大敗により、チェルシーは、アーセナルにゴール数の差で順位も6位に後退することとなった。アスピリクエタにとって厳しい試合となったシティ戦は受け入れ難いものであったようだ。

「自分の気持ちを説明するのが難しいね」と語ったアスピリクエタ。

「自分のキャリアの中でも最悪な夜の一つと言っていいだろうね。本当にイライラするし、がっかりしている。最初の数分でゲームを壊してしまった。多くのゴールを許してしまった。受け入れ難いね」

「6-0で負けた時には自分たちのプレーがよくなかったと受け入れる必要がある。このように大一番で犯すべきではないミスをしてしまった」

「スタンフォードブリッジでシティに勝利した時にはみんなが本当に良いプレーを見せていた。今回はそうはいかなかったね」

「こんな負け方は本当に堪えるね」と加えたアスピリクエタ。

「唯一言えるのは本当にファンに申し訳ないということ。受け入れ難い結果だからね。本当に謝りたい」

チェルシーからその他