分析

エンゴロ・カンテ:受け入れ難いが、巻き返さなければいけない

エンゴロ・カンテは過密日程が昨晩の大敗から巻き返す助けとなると話している。

この先2週間で3つの大会を戦うチェルシー。1試合目は木曜日に行われるヨーロッパリーグラウンド32、アウェイでのマルメ戦だ。

FA杯ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、カラバオ杯決勝では再びマンチェスター・シティと戦うことに。2月27日にはスタンフォードブリッジへトッテナムを迎える。

プレミアリーグ創設以降最大の敗戦を喫したブルーズ。カンテは多くの試合を前に、敗戦からすぐに学ばなければいけないと話した。

「説明し難いことだ」27歳のカンテは話す。

「相手が優れていた。皆のミスだよ。試合を通して相手が自分たちを上回っていて、前半開始直後に違いを見せつけられたね。そこから反撃するのは難しかった」

「失望しているし、ここから巻き返さないと。これだけの大敗を受け入れるのは難しいけど、まだまだ多くの試合が残っている。シーズン終了までに希望を持ち続けないとね」

「皆が失望している。ただ、この試合で多くを学んだ。同じ失敗を繰り返したくない」

チェルシーからその他