ニュース

サッリ:マルメ戦に向けて

マウリツィオ・サッリはヨーロッパリーグラウンド32マルメ戦でルベン・ロフタス=チークとマルコス・アロンソが招集外となった理由を明らかにした。

サッリがスウェーデン遠征へ引き連れたのは20人。この試合を重要視してのメンバー選考となったが、2人のレギュラーがメンバーから外れることに。サッリはその理由を説明した。

「ロフタス=チークはやはり腰に痛みを抱えている。大きな問題ではなく、FA杯ではプレーできると期待しているよ。ただ、明日の試合では不可能だ。マルコスには1試合休んでもらう必要があった。身体的な問題ではないよ」

トレーニングの様子とマルメ戦

マンチェスター・シティ戦に敗れ、難しい数日間を過ごしたというサッリ。しかし今はヨーロッパリーグに目を向けている。ここ数日のコブハムでの様子には次のようにコメント。「簡単ではないが、マンチェスター・シティ戦の後ならそれも通常だ」

「6-0という敗戦の後に戦うのは簡単ではないが、勝つためには戦わなければいけない。優れたチームとの対戦となるから、簡単ではないはずだ。相手はコンパクトでソリッド。守備も堅いね。すぐに負けから挽回したい」

ヨーロッパリーグの重要性

ヨーロッパリーグを優勝すれば、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得ることができる。サッリは最近の戦績がこの大会の重要性を高めていると話す。

「明日の試合は大きなものだ。月曜日のFA杯も重要。さらにはリーグ杯の決勝戦もある。プレミアリーグだって続いていく」

「まずは目の前のターゲットが必要だ。明日のターゲットは良い結果を手にすること。月曜日は準々決勝進出、リーグ杯では優勝だ。6-0という大敗の後にこういったことを言うのは普通ではないが、勝ちたいんだ。プレミアリーグもターゲットとなる。目の前のターゲットを明確にして、長期的な目標に迫る」

ファンの振る舞い

UEFAはブダペストで行われたヴィディ戦でのファンの振る舞いを調査している。

「前回言ったように、チェルシーのファンの99%は素晴らしい人たちだ。どんなコミュニティにも間違った人がいる。明日の試合では全てが上手くいくことを願うよ」

マルメ戦は日本時間早朝5時キックオフ。公式チェルシーアプリで観戦可能だ(英語のみ)
 

チェルシーからその他