マッチプレビュー

サッリとユナイテッドについて語るダヴィド・ルイス

月曜日にFA杯5回戦でマンチェスター・ユナイテッドを迎え撃つチェルシー。ダヴィド・ルイスが復調の兆しを見せるライバルについてコメントした。

火曜日のチャンピオンズリーグPSG戦では、オレ・グンナー・スールシャール監督就任から初めてとなる黒星を喫したユナイテッド。しかし12月にジョゼ・モウリーニョから引き継いでからは11試合無敗を貫いていた。

月曜日の対戦カードは、昨シーズンの決勝の再戦。チェルシーが1-0で勝利を収めている。これで3大会連続となる顔合わせに、ダヴィド・ルイスが展望を語った。

「もともと良いチームだからね。ジョゼ・モウリーニョだってベストを尽くしたはずだ。でもクラブは監督交代の選択をしたようだね」と話すダヴィド・ルイス。

「スールシャール監督はすごいね。良いチームだよ。選手の顔ぶれは大きく変わらないから、やり方が浸透すればあとは楽しむだけだろうね」

また自身の監督、マウリツィオ・サッリについても次のようにコメントしている。

「何度もミーティングを重ねて、今のやり方について議論してきた」と話すダヴィド・ルイス。「異議はないよ。全員が今のやり方を信じている」

「マンチェスター・シティには負けたけど、向こうはおそらく現時点で世界最高のチームだ。最初から最後まで向こうが上手だった」

「負けるのも過程のひとつだ。いま順位表の上にいるチームの監督は、いずれも3シーズンはチームを率いているんだよ」

「これは大きな差だ。理解が深まれば、フットボールもやりやすくなる。最高のチームになるために、正しいステップを踏んでいると思う」

記事 - マッチプレビュー:チェルシー v マンチェスター・ユナイテッド - ナンバーズ

そんなダヴィド・ルイスがチェルシー移籍後初ゴールを決めたのが、ホームのユナイテッド戦だった。木曜日のヨーロッパリーグ、マルメ戦では白星をあげ、シティ戦の大敗から立て直している。

月曜日のFA杯は、7日間で大一番が続く過密日程の初戦。木曜日にはマルメとのリターンまっち、日曜日にはカラバオ杯決勝をマンチェスター・シティと戦う。

「前向きにならないとね。過去は過去、もう変えられないんだから」と話すダヴィド・ルイス。

「何年もビッグクラブでのプレーを経験して、勝ち負けによるプレッシャーの変化は理解している」

「チーム一丸となって、ファンがハッピーになれるように頑張りたい。あらゆる面でね」

チェルシーからその他