マッチプレビュー

マンチェスター・ユナイテッド戦を前に、優勝を見据えるウィリアン

チェルシーにとって昨シーズン獲得したFA杯は目標とするタイトルのうちの1つであり、今シーズンもそのタイトルを勝ち取れると信じているウィリアン

チェルシーは今夜、マンチェスター・ユナイテッドと対戦する。昨年、FA杯でのこの顔合わせは決勝の舞台であった。その試合は前半にアザールがPKを沈め、チェルシーがその1点を守りきり優勝を果たした。

今夜のFA杯でのこの組み合わせは3シーズン連続となる。2016/17のFA杯ではエンゴロ・カンテがミドルシュートを叩き込み、チェルシーは準決勝へと駒を進めた。

スタンフォードブリッジでのオーレ・グンナー・スールシャール率いるマンチェスター・ユナイテッドとの対戦は、ホームのチェルシーにアドバンテージがあると考えているウィリアン。

「タフなゲームになると思うけど、大事な試合だ」とウィリアンは話した。「彼らは波に乗っていて良いパフォーマンスを見せている。だけど、自分たちはサポーターたちの前で勝利を収める義務があるんだ。タフな試合になる事は間違いないよ」

「テクニカルな選手を要し、チームとしても強い。それが今のマンチェスター・ユナイテッドだ。だから十分警戒しなければならないよ。重要な試合になる。自分たちはこれが難しいゲームだというのは心得ている。でもこれはプレミアリーグではなく、FA杯なんだ。今シーズン、タイトルを手にしたいと思っているよ」

「自分たちにはタイトルを手に入れるチャンスがある。FA杯を含め、カラバオ杯、ヨーロッパリーグが残っているんだ。プレミアリーグは簡単にはいかないけど、トップ4入りの可能性は十分にある。だからシーズン終了まで気を抜かずに戦い抜いていこうと思う」

FA杯4回戦のシェフィールド・ウェンズデイ戦でチームを勝利に導いたのはウィリアンだった。その試合、ウィリアンはチェルシーで50、51点目となるゴールを決め、個人としてはマンオブザマッチを獲得し、チームは3–0と勝利を収めた。

「最高だったよ」と話したウィリアン。「2ゴールできたし、チームも機能していた。でもユナイテッド戦は全く違ったゲームだ。これはダービーマッチのようなもので、お互いに50:50の試合になるだろうね」

「チェルシーで50ゴールを達成できて光栄だよ。これからもゴール数を伸ばしていきたいね。ゴールだけに限らずにアシスト数も伸ばして、1つでも多くの試合に勝利したいんだ。そのためにも日頃から精進して、個人としても成長していきたい」

昨年の5月、FA杯決勝でレッドデビルズ相手に勝利を上げてからのチームのシステムと選手個人の変化についても話したウィリアン。 

「チェルシーは多くの面で変化した」とウィリアンは言った。「プレースタイルやシステムを変更したんだ。試合を見て分かる通り、チームは以前よりもポゼッション率が上がった。選手個人としても変わった選手はいる。自分たちはこのシステムを楽しむ事が出来ているから、もっと向上させていきたいね」 

「チームは新しいシステムに適応している。サッリがチェルシーにやってきてから6、7ヶ月しか経っていないけれど、適応しなければならないんだ。フットボールにおいて選手と監督は毎試合、毎回の練習で成長しなければならない。そうしなければ簡単に負けてしまうよ」

FAでのチェルシーのマンチェスター・ユナイテッドとの対戦成績は5戦4勝1分けとブルーズが勝ち越している。この大会で通算10ゴールを記録しているウィリアンはタイトルを手に入れる事で、自信に繋がると信じているようだ。

「チームにとって大きなチャンスだ」と言ったウィリアン。「自分たちは勝利するという事がどれだけ難しいか理解している。タイトルを勝ち取るためには身を粉にして全てを尽くさなければならない」

「チェルシーには波があった。でもこのチームはタイトルへの道のりを熟知している。自分はチェルシーで4つのタイトルを手にしている。もっと多くの優勝を積み重ねたいね」

 

- ウィリアンのユニフォームはこちらで購入しよう(英語)

チェルシーからその他