マッチプレビュー

クラブの哲学、ユナイテッド戦の思い出についてコメント

ジャンフランコ・ゾラはチームのプレースタイルを時には変更する必要があるとし、チェルシーのフットボールの哲学を信じ続けることが大切だと話した。

ブルーズはスタンフォードブリッジでマンチェスター・ユナイテッドを迎え撃つ。3シーズン連続でユナイテッドよりも上の成績を目指すチェルシー。

最近ファンは結果にがっかりしているものの、ゾラは今シーズンマウリツィオ・サッリが目指すスタイルの浸透には時間がかかると話した。

「なぜチェルシーが変化を加えないかわかる?」とゾラはどうして変化を加えないのかと聞かれた際に答えた。

「いくつかのことは適応しつつある。プレミアリーグだということは分かっているが、変化を加えずに行きたいと思っている。方向性はいつも同じだ。2年前にもおそらくグアルディオラに同じ質問をしていたと思う。バックからのプレーについても質問していたね。ペップ・グアルディオラの答えを覚えているよ。 彼は議論の必要はないと答えていた。そしてゲームの一部で難しい瞬間を迎えているけれど、変えるつもりはないとも言っていたね」

「でも少しは彼は変化を加えたと思う。シティは沢山のことを改善してきたね。ディフェンス、プレス、攻撃も格段に良くなっている。彼がプレミアに順応したんだ。それでも彼のフットボール観は変わっていないと思う」

「思うに当時のシティと同じような時を迎えている。自分たちがすることに多くの疑問があるだろう。それでもリーグに順応し、いくつかの変化を加えた。それでも大元のフットボール観だったりこのクラブにとって良いと感じることは変えないつもりだよ」

「2年前からのシティの進化を見ていると、ペップのした事のすごさがわかるだろう。特に情熱を持ってしたいと思っていることをさせるの並大抵の努力では出来ないことだからね」

記事:ジャンフランコ・ゾラがマンチェスター・ユナイテッド戦とオリヴィエ・ジルーについて言及

ユナイテッド戦は10日間で戦う4つの大会の初戦となる。

「とりあえずは5回戦(FA杯)とカラバオ杯の決勝が当面の目標だ。いい目標だよね」とゾラは話した。

「またトッテナムとのリーグ戦も控えている。CL出場ももちろん大きな目標だ」

ゾラがチェルシーでの選手時代、ユナイテッドは得意としていた相手だ。特に1996/97シーズンの1-1と引き分けたユナイテッド戦はゾラが均衡を破るゴールを決めた有名な試合であろう。

「みんながずっとその試合について2週間前から話してくれるんだ」と彼は答えた。

「ユナイテッドとの試合はいつも難しい試合になる。いいプレーをして1-0とリードした。勝つことはできなかったけど、再び波に乗れた気がするよ」

チェルシーからその他