分析

ペドロ:次なる試合に向けて

FA杯での、ユナイテッド戦を振り返り、ペドロは結果に直結する決定力の差、そしてタフな期間を乗り切るために今するべきことについてコメント。    

ダヴィド・ルイスのフリーキックが防がれ、ボールがペドロのもとにこぼれた時彼はダイレクトでシュートを狙った。しかし相手GKのセルヒオ・ロメロがセーブ。またエデン・アザール、ゴンサロ・イグアインがゴールに迫った。それでも、ユナイテッドが前半のうちに2点リードを奪い折り返す。ユナイテッドは後半も集中を切らさず得点を許さなかった。

ペドロは試合を振り返り、前半は良かったとし、復調の足掛かりとするために必要なことを指摘した。 

「この大会がここで終わってしまって残念だね」と彼は話した。

「チームにとっては本当に悲しい日となってしまった。難しい展開だったね。前半は良いプレーも見せれていた。ゴールを奪うためのチャンスは作れていたんだ。一方のユナイテッドは2回の決定機を2回ともゴールに繋げた」 

「一番大事だったのは後半、チャンスを作ることだった。しかしそれが出来なかったんだ。取り戻す事が出来なかったね」

記事 - サッリ:FA杯敗退とチームについて

チェルシーはこれからマルメとマンチェスター・シティと対戦。再び勝利するためにペドロは自身の経験から持ち直す道を話した。

「ELはチェルシーにとって大事な大会だ。シティとの決勝も控えている。今必要なのは落ち着いて、ハードに練習して、自分たちの最高のフットボールを取り戻して、自信を持つことだ。今難しい状況にあるからね」    

チェルシーからその他