ニュース

マウリツィオ・サッリ:プレッシャーの下で戦っている

マウリツィオ・サッリはこの仕事のプレッシャーを楽しんでいると話し、彼自身の信条であるものに忠実に、選手と仕事をしていくと話した。

ミッドウィークでのボーンマス戦に敗北はシーズンこれまでのワーストな試合であっただろう。試合後には選手と首脳陣間で話し合いが行われ、メディアを通してファンへも、どのように正していくかが伝えられた。

しかし、サッリは変えないものが一つあるとした。

「チームの組織が全てであると信じるなら、自分の気持ちを変えることはないよ」と彼は話した。

「もし自分が夢想家であると信じていれば、自分は夢想家なんだ。もしフットボールに楽しみを見出せば、フットボールをしたくなる。これからも変わらない人間でありたいと思うよ」

「この仕事は常にリスクが伴う」と加えた。「プレッシャーをいつも感じるこの仕事は好きだね。この仕組みを理解しているつもりだよ。マンチェスター・シティに勝つこともできるけど、その3日後にはどうなるかわからないんだ」

サッリは確かに選手のメンタリティーを変えることできると信じており、選手たちはサッリのフットボールの哲学をしっかりと理解してくれているとした。

記事:ジョルジーニョの役割と辛抱強さ

サッリはこのチームにやってきてからトレーニングでチームに変化を加えてきた。

「私たちはビデオを見ながら仕事をする必要がある。しかしピッチからは距離が遠い。だからトレーニングで色々変えていく必要がある。でも時間があまりないんだ」

「まずは試合を組み立てるところから。今は試合の最後の30分のところの改善に取り組んでいる」

ハダーズフィールド戦では勝利すると、アーセナルとマンチェスター・シティとの試合が翌日のため暫定で4位に再び浮上することになる。サッリは最後に怪我についてコメント。

「けが人は一人だけだ。しかしそれほど重症ではない。リュディガーがプレーできるかどうかがまだ不透明だ。膝に軽いけがを負っている。ドクターと話す必要があるが、可能性はフィフティーフィフティーだね」

チェルシーからその他