マッチプレビュー

マッチプレビュー :チェルシー v ハダーズフィールド - ヒストリー

ヒストリー

チェルシーはハダーズフィールドと16試合を戦い、唯一負けたのが1999年10月のリーグ杯3回戦となっている。スコアは0-1。

ブルーズはハダーズフィールドとリーグ戦では最近9試合は無敗であり、スタンフォードブリッジでの過去6試合の対戦は64年間無敗となっている。

最初にこの対戦が行われたのは1911年3月でボブ・ウィッティンガム、ジョージ・ヒルズドンのゴールでブルーズが勝利している。

チェルシーがハダーズフィールド相手に大勝したのは1948年4月に5-0と勝利した試合。ベニー・ジョーンズが2ゴールをあげ、ヘンリー・ステュアート がオウンゴール(上の写真)

ブルーズ最初にハダーズフィールドにEFLでの勝利したのは64年前に遡る。またこの1954/55シーズンには最初のリーグタイトルを獲得している。ハダーズフィールドが先制したものの、後半の22分までにはエリック・パーソンズ、フランキー・ブランストーン、ロイ・ベントレー、レス・スタブスがゴールを奪い、ゲームをひっくり返した。

ブルーズは1970年代からハダーズフィールド相手にはホームでもアウェイでも負けていない。25年前の1984年2月4日には2部で対戦し、3-1で勝利している。この年にはチェルシーが2部を制覇している。この試合がスタンフォードブリッジでのハダーズフィールド戦最後の勝利となっている。

昨シーズンはスタンフォードブリッジで対戦し 1-1のドローに終わっている。この引き分けによりハダーズフィールドはプレミアリーグ残留が決まった。ハイライトは下から。

ジョン・スミスズ・スタジアムで行われた試合ではエンゴロ・カンテ(34)、ジョルジーニョのPK(45)、ペドロ(80)がそれぞれゴールを奪い3-0でチェルシーが勝利した。

ブルーノート

1991年2月2日のアーセナル戦での後半のケリー・ディクソン、グラハム・スチュアートのゴールが2-1の勝利を呼び込んだ。アーセナルはこのシーズンでの唯一の敗北がこの試合となった。

ハダーズフィールドの最後の対チェルシー戦での勝利は1963年3月ディヴィジョン2での試合である。

最も得点差がついた試合

チェルシー 5-0 ハダーズフィールド 1949年4月2日
チェルシー 2-4 ハダーズフィールド 1948年1月17日



 

チェルシーからその他