分析

勝利のために全力を尽くす

FA杯から敗退した後、セサル・アスピリクエタは残る2つの大会に集中し、直近のビッグゲームに向けて良い流れを作らなければならないと語った。

昨夜、チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドに前半で2ゴールを許し、FA杯の舞台から姿を消した。

キャプテンを務めるアスピリクエタにとってこの結果はがっかりするものであっただろう。

 「昨日のゲームは難しいものだった。なぜなら自分たちのチャンスを物にする事が出来ず、結局ゴールまで結びつかなかったからね。1点でも返せていたら試合の流れが変わっていたかもしれない。とても残念だ」

 「今シーズン、自分たちはタイトルホルダーとして大会連覇を目指したけど、そうは行かなかった。FA杯はイングランドにとってもクラブにとっても歴史のある大会なんだ。今回の結果には失望している」

これからまたビッグマッチを迎えるためチェルシーに思い悩んでいる時間はない。木曜日にはヨーロッパリーグ、ラウンド32マルメとの2ndレグが控えている。その3日後、チェルシーは今シーズン最初のタイトルを獲得するため、ウェンブリーでペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティと対戦する。

重要となってくる期間を前にチェルシーサポーターへ向けコメントしたアスピリクエタ。

 「昨日はみんなにとって厳しい試合となってしまった」と話したアスピリクエタ。「サポーターがいつも支えてくれているのは知っている。チェルシーは多くのタイトルを勝ち取って来たし、ここ数年のイングランドで最も成功を収めているチームなんだ。自分が言えることはチーム全員がサポーターたちのために全力をつくし、ハードワークしていくという事だ」

「木曜日にはヨーロッパリーグがある。昨年のFA杯決勝とコミュニティシールドの会場となったウェンブリーで対戦する」

「自分たちはタイトルのために戦っているんだ。木曜日の試合から落ち着いていき勝利して、日曜日に優勝してタイトルを手にしたいね」

チェルシーからその他