マッチプレビュー

マウリツィオ・サッリ:準備はできている

カラバオ杯マンチェスター・シティ戦へ向け、マウリツィオ・サッリはトレーニングを軽い調整にとどめるようだ。

エティハド・スタジアムでの大敗を経て、チェルシーはマルメにホームで快勝。サッリはウェンブリーでの決戦に向け、軽い調整を行うようだ。

「最初の30分間はチームに自信が見られなかった」サッリはマルメ戦をこう振り返る。

「選手にプレッシャーをかけるのではなく、自由な部分をもたせたい。土曜日にトレーニングをして、最初の30分のようなマインドを無くしていきたいね。より自由度を高めたい」

「調整は60分だけ行う。それ以上の量は必要ないよ」

試合に留まる

サッリは自身の就任以降、ベストなパフォーマンスはカラバオ杯準決勝2nd leg、トッテナム戦の前半だったと話す。さらに、プレミアリーグで行なったマンチェスター・シティとの2試合は両者の実力差を反映していないとコメント。

「ホームでは前半、自分たちはラッキーだった。前半終了間際に先制して、それでゲームが変わったね」

「アウェイでは不運だった。最初の5分間は良かったが、酷い失点をして、反撃できなかった。酷い試合となってしまった」

「真実はその中心にある。ホームでの2-0は真実ではないし、アウェイでの6-0も真実ではない」

「決勝戦では長い時間試合に留まることが重要だ。そうすれば必ずチャンスはある」

マッチプレビュー:チェルシー v マンチェスター・シティ - ナンバーズ

チェルシーからその他