分析

データデイ:カラバオ杯決勝戦

カラバオ杯決勝戦をデータで振り返ろう...

7本のシュートを放ったチェルシーに対し、マンチェスター・シティは13本。シティはボックス内から5本のシュートを放っている。

エデン・アザールとダヴィド・ルイスは2本ずつのシュートを放った。チェルシーの枠内シュートは0本、対するマンチェスター・シティは3本だ。

延長戦を含めた120分間で、チェルシーのボール支配率は39%。後半はチェルシーが49%のポゼッションを記録している。

チェルシーのパス成功率は82%。512本中422本のパスを成功させている。

チェルシーのチーム最多パス数はダヴィド・ルイスの75本。アントニオ・リュディガー(57本)、ジョルジーニョ(56本)が続いている。

この試合の最多パスはニコラス・オタメンディの134本だ。

キーパスではウィリアンが最多タイの2本を記録。

アザールは8回のドリブルを試み、8回ともに成功。これはこの試合最多の数字だ。ルベン・ロフタス=チークは4回のドリブルを成功している。

セサル・アスピリクエタは4回中3回の空中戦に勝利。これはチーム内最多の数字だ。

エンゴロ・カンテはチーム最多となる7回のタックルを成功。パルミエリが6回、アスピリクエタが4回で続いている。

ダヴィド・ルイスは最多となる7回のクリアを記録。ロス・バークリーはチェルシー最多となる2回のインターセプトを記録した。

チェルシーからその他