ニュース

メディアウォッチ:ダヴィド・ルイスがケパについてコメント、グアルディオラがブルーズのMFコンビを称賛 

チェルシーに関するメディアの情報をチェック。ダヴィド・ルイスがカラバオ杯決勝でケパ・アリサバラガがピッチに残ったことについてコメント。ペップ・グアルディオラが監督としてのキャリアでも昨日の試合が最もタフな試合と話した。イカルディの移籍についても報道。

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールクラブの意見や表明ではありません。

ダヴィド・ルイスがケパについてコメント

カラバオ杯決勝においてケパ・アリサバラガが交代を拒否したことについてダヴィド・ルイスがコメントした。マウリツィオ・サッリとケパの間で誤解があったとした。

「監督が怪我で交代させようとしたのか、戦術的な面で交代させようとしたのかは分からない」とSky Sports(英語のみ)でコメント。

「おそらくは怪我で交代させようしたんだと思う。ケパはこれを理解していなかった」

「ケパは自分たちに大丈夫だと伝えていた。ゲームの中では説明する時間がない」

Goal.com(英語のみ)にダヴィド・ルイスは一定の理解を示した。

「確かにピッチからは離れたくはない」と彼は加えた。

それでも彼はタイトルをサッリにもたらしてあげられなかっとことに失望のコメント。

「彼のプレースタイルは好きだよ」とダヴィド・ルイスはサッリについて話した。「彼は素晴らしい人だ。だからこそ彼のもとでプレーするんだ」

「PK戦で負けたのは本当に悔しい。今度はタイトルを彼にもたらしたいね」

グアルディオラがジョルジーニョとカンテを称賛

シティの監督であるペップ・グアルディオラがカラバオ杯決勝でのジョルジーニョとカンテのプレーを称賛した。

2週間前のエティハドでの1戦では6得点を奪ったが、シティは120分間でウェンブリーでゴールを奪うことができずPK戦の末タイトルを獲得することとなった。

「自分が知る決勝でも厳しい試合だった。自分のキャリアの中でも一番きつい試合だったね」とMetro(英語のみ)に答えた。

「ジョルジーニョとカンテのプレスは素晴らしかったね。戦うのは簡単ではなかった」.

「チェルシーのディフェンスは見事だった。しっかりと組織化され、これまででも一番タフな相手だったね」

イカルディを狙う?

The Sun(英語のみ)によるとブルーズはインテルのフォワードのマウロ・イカルディを狙っていると報道。 

ルチアーノ・スパレッティとの関係があるものの、新しいインテルの契約によると4年間クラブに残るという。

Football.London(英語のみ)の報道によると、レアル・マドリッドがエデン・アザールへの興味が薄れたとした。チェルシーの移籍許可への決定に注目が集まる。

ディナモ・キエフがヨーロッパリーグでの対戦を心待ちに

ディナモ・キエフがヨーロッパリーグラウンド16でのチェルシーとの対戦を心待ちにしているとした。

クラブの公式サイトによると2015/16シーズンのCLのグループリーグでの対戦以来だとした。

「チェルシーとの対戦を心待ちにしている。我々はCLでのプレーを目指しているが、チェルシーはCLレベルのチームだ」とコメント。

「進歩を続けているが、ホームでの試合までしっかりと希望を繋ぎたいね。もしそうなればチャンスはある」

2015年には0-0と引き分けスタンフォードブリッジでは2-1と敗れている。しかし監督は結果は良くすることができるとコメント。

「選手たちはいいプレーを見せるとできると思っているよ」

「誰も次のステージに進みたいと思っている。とても面白い試合になると思う」

チームがこのステージに到達したら、誰もが状況気にしないだろう。チェルシーは素晴らしい選手がいるからこちらがどんなプレーを見せられるかは分からない。まずはプレーに集中したい。ファンと共に良い結果を望むよ」

チェルシーからその他