ローン

あっちこっちチェルシー

今週も国内外で活躍するローン組の動向をチェックしよう…

プレミアリーグからはミシー・バチュアイがクリスタルパレス加入後初ゴールを記録し、レスター相手の4-1の勝利に貢献。なおこの結果、クロード・ピュエル監督はレスターを解任されている。

パレスのロイ・ホジソン監督はバチュアイについて「まだ4試合しか出ていないが、良い動きをしている。ドンキャスターでは惜しくもノーゴールに終わってしまったけどね。チームにフィットした動きができていると思うし、ゴールの匂いもするよ」

ニューカッスルのケネディは途中出場、10人のハダーズフィールド相手に2-0の勝利に貢献した。

イタリアではオラ・アイナがトリノの勝利に貢献。好調アタランタを2-0で下し、ラツィオと並んで6位に浮上。ヨーロッパリーグ出場権争いに加わっている。

アルヴァロ・モラタがアトレティコ・マドリッド加入後初ゴールを記録。ヴィジャレアルを2-0で下している。この日は左足で先制点を記録した。

チャンピオンズリーグベスト16ではユヴェントスと対戦したアトレティコ。モラタは一度ネットを揺らすも、VAR判定の結果無効となっている。なお試合は2-0で勝利している。

ラ・リーガからはレガネスのケネス・オメルオが最終ラインに入って出場。ヴァレンシアとホームで1-1で引き分けている。

サークル・ブルッヘのキリアン・アザールは、2ゴールの活躍もオーステンデと2-2の引き分け。

ランスからはババ・ラーマンが出場、モンペリエを4-2で下しリーグアン6位に浮上している。メツのヴィクトリアン・アングバンは途中出場、パリFCを2-0で下している。
 

ヴィクター・モーゼス擁するフェネルバフチェは、ゼニト・サンペテルブルグ相手に破れヨーロッパリーグ敗退。

オランダリーグ5位のフィテッセはエメン相手に3-0で快勝。エドゥアルド、ジェイク・クラーク=ソルターが出場している。下部リーグではスパルタ・ロッテルダムのファンカティ・ダボが出場、6-1でゴー・アヘッド・イーグルスを下している。ダボはチームの6点目をアシスト、現在リーグ2位につけている。

ブラジルからはアトレチコ・ミネイロのナタンが3-1の勝利に貢献、リーグ首位の座を守っている。

フットボールリーグからはシェフィールド・ウェンズデイのマイケル・ヘクターが出場、スウォンジー相手の3-1の勝利に貢献した。ブリストル・シティは2度のリードも、ノリッチに3-2と逆転負け。トマス・カラス、ジェイ・ダシルヴァはともにスタメン出場、ケイシー・パルマーは途中出場している。

リース・ジェイムズとトレヴォ・チャロバーはそれぞれウィガン、イプスウィッチで出場。1-1で引き分けている。ジェイムズはクロスから91分の同点弾をアシスト。タミー・エイブラハム擁するアストンヴィラも、ストークと1-1で引き分けている。

ルイス・ベイカーはレディングのロザラム・ユナイテッド相手の勝利に迫るも、終盤のヘディングは防がれ1-1で終了。マット・ミアズガも出場している。トッド・ケイン擁するハルシティはブレントフォード相手に5-1の敗戦。フィカヨ・トモリ擁するダービーも、ミルウォールに1-0で敗れている。

リーグ1からはバートン・アルビオンのブラッドリー・コリンズがクリーンシートを記録。バーンズリーと0-0で引き分けている。しかしフリートウッド・タウンには1-0で敗れ、ホーム6試合無敗の記録は途切れている。

デュジョン・スターリングはコヴェントリーの1-1の引き分けに貢献。首位ルートンの連勝を6でストップさせている。

ネイサン・バクスターはイェーヴォリ・タウンの1-0の勝利に貢献。リーグ2の降格圏から2ポイント差にとどまっている。チェルテナム・タウンはホーム連勝で降格圏から9ポイント差をつけている。ジェイコブ・マッドックスはいずれもスタメン出場、2-0でケンブリッジを、1-0でポート・ヴェイルを下している。

チェルシーからその他