分析

ペドロがトッテナム戦の勝利、チェルシーの目標をコメント

ゴールを奪ったペドロがトッテナム戦での勝利を喜び、試合後にコメントを残した。

カラバオ杯準決勝でのホームのトッテナム戦に続いてスタンフォードブリッジでトッテナムに勝利したチェルシー。そしてカラバオ杯決勝でPK戦の末に敗れてから、昨日の勝利につなげた。ペドロは後半開始早々に先制点を奪った。その後トッテナムのオウンゴールがあり2-0でチェルシーが勝利を飾った。

記事 - マッチレポート:チェルシー 2-0 トッテナム

「勝ち点3が必要だったし、とにかく勝ちたかったんだ」と喜びながらコメントしたペドロ。

「ファンの前で自信を取り戻すことは大事なことだった。ピッチでは最高の気分だったね。本当にチームにとっていいことだよ」

「マンチェスター・シティ、トッテナムと2試合難しい試合だったけれど、両方とも情熱を持っていいメンタリティで自信を持ってできたよ。最後にはいい結果を得ることができた(トッテナム戦で)」

「自分たちにとっては最高の結果だ。これを楽しまないとね。毎試合努力を重ねている。シーズンが終わるまで勝利というのは本当に大事なんだ」
 

ペドロは今シーズンの厳しさについてコメント。

「ドレッシングルームではたくさんのことを今週は話したよ」と彼はコメント。「それでもドレッシングルームの雰囲気は良かった。監督とケパとウィリー(カバジェロ)と全員の選手と話し合ったけれど雰囲気は変わらないし、これはいいニュースだったね。今からシーズンの終わりまで重要となるのは全ての試合を決勝のように戦うことだ」

「しっかりと回復して準備してフルハム戦を迎えたいね」

「トップ4に残ることが目標だ。最後まで戦い続けるよ。そしてヨーロッパリーグも優勝したいね。チャンピオンズリーグにつながる大会だ」


 

チェルシーからその他