ニュース

メディアウォッチ:アシュリー・コールが最高のチームメイトを選ぶ、ブルーズの2人の選手がランクイン

メディアのチェルシーに関する報道を見ていくこの記事。今回は前チェルシー所属のアシュリー・コールが2006年にアーセナルから移籍したこと、彼のベストイレブンに当時のチェルシーのチームメイトを6人選出したことにコメント。

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールクラブの意見や表明ではありません。

アーセナルを出たことに後悔なし

Sky Sportsの番組に出演したアシュリー・コールは2006年にアーセナルからチェルシーに移籍した際に様々な影響を受けたもののこの移籍に関して、後悔はないとコメント。

クラブから移籍はしたものの、9歳の頃からアーセナルは心の中にあるとコメント。

「なんの理由もなしに移籍はしないよ。アーセン・ベンゲルのところに行かずに移籍したいと伝えたんだ」とコールは答えた。

「フットボール界ではよくあることだ。他の選手もこうなっているのを知っている」

「寂しさを持って移籍したんだ。9歳からプレーしていたクラブだったからね。ファンからの厳しい声が心苦しかったね」

ブルーズに所属し、8個のタイトルを獲得したコールは移籍は成功だったとした。

「自分がしたような行動は少し頑固だったかもしれない。当時はもっと落ち着いて何人かの人と冷静になるべきだったね」

「興奮して、自分が何をしているかわかっていなかった。でも後悔はないよ。振り返ってみると起こりそうな気はしていたんだ」

コールのベスト11に6人のブルーズが

Sky Sportsの出演中にアーセナルとチェルシーの中で共にプレーした選手のうち最高の10人を選出した。 

GKはペトル・チェフ、DFはジョン・テリー、ブラニスブ・イヴァノビッチ、MFはフランク・ランパード、フローラン・マルダ、FWにはディディエ・ドログバがチェルシーでプレーした選手の中で選ばれた。

アーセナルからはソル・キャンベル、ロバート・プライズ、パトリック・ヴィエラ、ティエリ・アンリが選出されている。

ゴンサロ・イグアイン、エデン・アザールがパワーランキングにランクイン

ESPN FCはハダーズフィールドにチェルシーが5-0と勝利した後、2人の選手をパワーランキングに入れた。

チェルシーでの3試合目で2ゴールをマークしたゴンサロ・イグアインは3位にランクイン。その上にはセルヒオ・アグエロ、リオネル・メッシがランクインしている。

一方のもう1人、2ゴールを奪ったヒーロであるエデン・アザールは10位にランクイン。アザールはイグアインと共に見事な連携を披露した。

チェルシーからその他