ニュース

メディアウォッチ:ペップがチェルシーを優勝候補とコメント、パブロ・サラビア、ニコロ・バレッラに移籍の噂

メディアのチェルシーに関する報道をチェックするこの記事。ペップ・グアルディオラがブルーズのプレミア制覇について言及。またスペイン人選手、イタリア人選手への関心。クリスチャン・プリシッチの美しいゴール。

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールクラブの意見や表明ではありません。

グアルディオラ:チェルシーにはチャンスがある

BBCによると、シティの監督であるペップ・グアルディオラはチェルシーにもプレミアリーグ制覇のチャンスがあるとコメント。

現在4位のブルーズは、2位シティと9ポイント差、首位リヴァプールとは12ポイント差だ。しかしグアルディオラ監督は、まだ優勝争いから外れていないとしている。

「順位表を見れば上位3チームに優勝のチャンスがあると考えるかもしれないが、実際はもっとオープンだ。チェルシーが連勝すれば、すぐにでも優勝争いは混迷するだろう」と話すグアルディオラ。

「まだチャンスはある。差はそこまで広くないよ。まだ39ポイント分の試合が残っていて、9差、10差はまだ油断できない。プレミアリーグとは、そういうリーグだ」

「当然だよ。どの試合もタフだ。いつ負けてもおかしくない」

セヴィージャのスター選手にブルーズ加入の噂

カルチョ・メルカートによれば、セヴィージャのパブロ・サラビアにチェルシー移籍の可能性が浮上しているようだ。

ブルーズは今夏の獲得を目指して動いているとのこと。

サラビアは2016年にヘタフェから加入、中盤からウィングまで様々なポジションをこなす。今シーズンはここまでリーグ戦21試合で7ゴールを記録している。

バレッラがチェルシー移籍を拒否?

トゥット・メルカート・ウェブが、イタリアの若手ニコロ・バレッラが1月の移籍を拒否したと報じている。

カリアリからの移籍の可能性があったものの、残留を希望したとのこと。

バレッラは木曜日に22歳の誕生日を迎え、2015年には18歳でカリアリでセリエAデビューを飾っている。また昨年10月にはフル代表デビューも飾った。

プリシッチがゴールも、ドルトムントはカップ戦敗退

ローン移籍中のクリスティアン・プリシッチは、ドイツ杯3回戦でゴールもチームは大会敗退。

ブレーメン相手に2-1のリードを奪うも、最終的には3-3のままPK戦へともつれ込み、4-2で敗れている。

「PK戦へ持ち込ませるべきではなかった」と話すプリシッチ。

「立ち上がりは崩れたけど、なんとか食らいついた。いい試合ではなかったね」

チェルシーからその他